fc2ブログ

記事一覧

小説【異次元治療院 Dr.ゆたた】 第10話 来世は続くよどこまでも

ゆたた「次の方どうぞ」

汚金田「………」

ゆたた「初診の方ですね?」

汚金田「昨日来たばかりじゃないか! もう忘れたのか!」

ゆたた「ああ… たしか… 性病感染担当大臣」

汚金田「経済再生担当大臣だ!」

ゆたた「名前は… たしか… 汚職田ワイロさん」

汚金田「汚金田歪郎だ!」

ゆたた「そかそか(笑)」

汚金田「全く! なんてヤツだ!」

ゆたた「で、今日はどうしました? センスの悪いダサいメガネなんかかけて。全然似合ってないけど…」

汚金田「アンタが寄こしたメガネだろうが!」

ゆたた「そうでしたか(笑)」

汚金田「全く! この私にそんな口を利くのはアンタくらいだぞ!」

ゆたた「ハハハ… 私は地球の方からよく無礼者とホメられてます (//∇//) テレテレ」

汚金田「それ、ホメ言葉じゃないから!」

ゆたた「次の方どうぞ〜」

汚金田「オイ! 待て! まだ何もしてないだろ! このメガネを外してくれ! てか、せめて性病だけでも治してくれ!」

ゆたた「股間にお湯をかけて3分間待てば治りますよ」

汚金田「私の股間はカップ麺か!」

ゆたた「次の方どうぞ〜」




駒テル子「実は… 私の家が地上げに遭ってまして、業者から立ち退きを迫られています… なんでも… 再開発事業の区域に入っているらしくて…」

ゆたた「そうでしたか…」

駒「私にとっては、子供の頃からの思い出がたくさん詰まった家なので手放したくはないのです…」

ゆたた「なるほど…」

駒「しかも… 二束三文のお金で生家を取り上げられそうなんです… うぅ… o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅」

ゆたた「それはヒドイですね… 法律上は買い上げる物件の購入代金の他に、転居費用及び、むこう3ヶ月間くらいの生活費をプラスした額を払うはずなのですが…」

駒「そうなんですか… 弁護士さんにも相談したのですが、その業者のバックには大物政治家がいるらしくて裁判を起こしたとしても難しいということでした…」

ゆたた「そうですか… 大臣! ちょうどいい! この件を解決すれば、あなたの良い子指数が上がってそのメガネが外れるかも知れませんよ」

汚金田「おお! そういうことなら、この私に任せなさい! その地上げをしている悪徳業者の名前は?」

駒「腹黒工業と言います」

汚金田「腹黒工業?! そ、そこはちょっと…」

ゆたた「どうしたんですか? 急に歯切れが悪くなって」

汚金田「いや… その…」

ゆたた「ははぁーん 分かったぞ。その腹黒工業のバックにいる政治家って、アンタのことだろ?」

汚金田「いや… まあ…」

ゆたた「犯人はあなたじゃないか(笑)」

駒「お願いです! 地上げを止めさせて下さい! 私の思い出の詰まった大切な家を奪わないで下さい!」

汚金田「それが… その…」

ゆたた「ははぁーん。分かったぞ。すでにワイロを受け取ってしまって、今さら止めるわけにいかないということでしょ?」

汚金田「:( ;´꒳`;): ウ、ウン」

ゆたた「また当たった(笑)」

駒「地上げは私の家だけではありません! 住民は誰も再開発なんて望んでいないんです! 頼むからヒドイことは止めて下さい!」

汚金田「………」

ゆたた「さあ! どうしますか?」

汚金田「う〜ん…」

ゆたた「迷うことなんかないでしょ。業者にワイロを返して、地上げを止めさせれば済むのだから」

汚金田「そんなことをしたら、もうお金も票も貰えなくなってしまう…」

ゆたた「そしたらキッパリと、このアコギな稼業から足を洗ってカタギになるチャンスでしょう!」

汚金田「カタギって… 政治家はヤクザではない!」

ゆたた「似たようなモンだろ。金のためなら何でもする連中なのだから」

汚金田「と、とにかくこの件は少し考えさせてくれ」

ゆたた「どうせ汚い金をしこたま貯め込んでいるんでしょ? もうくだらない欲や野心は捨ててキレイな身になりなさい」

汚金田「いや… しかし…」

ゆたた「死んだらどうせあの世へはお金なんて持っていけないのだから、さっさとワイロを返して再開発を中止にしなさい」

汚金田「いや… その…」

ゆたた「もう… ホント往生際が悪いなぁ… では診察室へどうぞ」

ガチャリ… 

汚金田がドアを開けると何かのモニターが現れた。

汚金田「これは?」

ゆたた「これはタイムモニターです。あなたの来世以降の世界が映ります」

汚金田「来世以降?! やはり生まれ変わりってあるのか!」

ゆたた「はい。魂は永遠なので来世も再来世も、それ以降もずっとあります」

汚金田「では早速見てみよう。私の来世はどうなるんだ? 総理大臣か? 大統領か? 国王か? ₊*̥(∗︎*⁰͈∀⁰͈)‧˚ワクワク」

ポチッ…

モニターのスイッチを入れるとハエが映っていた。

        ブーン
      ∴ ・~

ゆたた「あなたの来世は、ハエですね…」

汚金田「は、ハエ?」

ゆたた「よかったですね。ハエなら悪いことは出来ません。これ以上悪いカルマを重ねなくて済みますよ( ^^ )」

駒「(´゚艸゚)プッ」

汚金田「クッ… じゃあ、その次は?」

ピッ…

ゆたたはモニターを操作して、汚金田の再来世を映した。

ゆたた「ハエの次は、便所コオロギです」

駒「ꉂꉂ(*ノ∀`)ノ"ケラケラ」

汚金田「便所コオロギ… じゃあその次は?」

ピッ…

ゆたた「その次は、へっぷり虫です」

駒「_/\○ノ″ギャハハハハ」

汚金田「へっぷり虫… その次は?」

ゆたた「ではまとめて来世以降の世界を早送りで映してみましょう」

ピッ…

ゆたた「ゴキブリ→ムカデ→南京虫→カナブン。虫の豪華リレーですね」

汚金田「どこが豪華なものか!」

ゆたた「その後は、魚類→両生類→爬虫類→鳥類を経て猿人になれます」

汚金田「え、猿人?!」

202102241158031d1.jpg

ゆたた「その後は猿人→原始人→ネアンデルタール人→クロマニョン人→現代人と、進化論を直に学べますよ。よかったですね( ^^ )」

汚金田「そんなモン、学びたくないわ!」

ゆたた「今世の罪があまりにも重すぎて、しばらくの間は無害な生き物にしか生まれることが出来ないんです。そうやって魂を浄化しきってから、また猿人からやり直すチャンスが巡って来るのです」

駒「ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)ケラケラ」

汚金田「なんだと!」

ゆたた「中には鉱石からやり直す人もいるのだから、まだマシな方ですよ」

汚金田「………」

ゆたた「今の内に少しでも善行をして、罪を償っておくといいですよ…」

汚金田「………」




その後、汚金田はワイロを業者に返して再開発事業を中止にして地上げを止めさせたのだった。

…………………………

駒「わ〜 良かった! ありがとうございます( ^^ )」

ゆたた「やれば出来るじゃありませんか( ^^ ) カナブン大臣」

汚金田「カナブンと呼ぶな(笑)」

駒「( *´艸`)クスクス」




つづく…
関連記事

コメント

No title

おはようございます(*^^*)

治療院シリーズも、すごく面白いです

大臣さんが憎めなくなってきました(^^)

次々とお話しを書けるゆたかさんの発想がすごいです(*゚▽゚*)




Re: No title

おはようございます( ^^ )

大臣をレギュラー化してほしいと何人かの読者からメールをいただいております(笑)
憎めないキャラのようですね。

いつも嬉しいコメントありがとうございます( ^^ )


コメントの投稿

非公開コメント

スマホ版表示はこちらから

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

yutakasakurazawa

Author:yutakasakurazawa
支配者のいない自由な世界にするために
誰もが安心して暮らせる豊かな世界にするために
自然にも動物にも優しい世界にするために活動しております

※寄付や贈り物などの申し出は全てお断りしております。
その優しさは、私ではなくて困っている人や必要としている人にあげて下さいm(_ _)m

当ブログはリンクフリー、転載OKです。
商用目的以外ならご自由にお使い下さい。

読者専用アドレスです。
メールで私と直接話したい時にご利用下さいm(_ _)m
yutaka85@cream.pink

カテゴリ

全記事表示リンク