fc2ブログ

記事一覧

小説【異次元治療院 Dr.ゆたた】 第11話 感動の再会?!

ゆたた「次の方どうぞ」

汚金田「………」

ゆたた「初診の方ですね」

汚金田「昨日もその前も来たじゃないか! いったい、いつになったら私の事を覚えるのだ!」

ゆたた「ああ… たしか… 昆虫採集担当大臣のカナブン太郎さん」

汚金田「経済再生担当大臣の汚金田歪郎だ!」

ゆたた「改名したのですか?」

汚金田「してないよ! アンタが間違えて覚えただけだろ!」

ゆたた「そうでしたか (*´ᗜ`*)ケラケラ♪」

汚金田「本当テキトーなんだから!」

ゆたた「で、今日はどうしました? ダサいメガネなんかかけて」

汚金田「アンタのせいで、このメガネが取れなくなってしまったんじゃないか!」

ゆたた「次の方どうぞ〜」

汚金田「オイ! 待て! まだ何もしてないだろ! 頼むからこのメガネを外してくれ!」




珍民民「実は… ちょっと言いにくいことなんですが…」

ゆたた「ふむ…」

珍「先日… 変な男性と関係を持ってしまい、性病をうつされたみたいなんです…」

ゆたた「性病?! 最近多いですね… ウチの患者にも1人おりますよ」

珍「そうなんですか… それはお気の毒に…」

ゆたた「でもなぜ変な男性と知りながら関係を?」

珍「それは… ちょっと答えにくいです…」

ゆたた「(๑°ᄆ°๑)‼ もしや… 失礼ですが、あなたは某国のスパイではありませんか?」

珍「な、なぜそれを?!」

ゆたた「その変な男性とは、もしかして頭がハゲ上がっていて」

珍「はい…」

ゆたた「腹がプックリ出ていて」

珍「はい…」

ゆたた「顔中がテカテカした脂ぎった中年オヤジではありませんか?」

珍「なぜ分かるのですか?!」

ゆたた「大臣! ちょっと来て!」

タッタッタ…

汚金田「何だね? あー!!! この女!!!」

珍「あー!!! この人です! さっき話した変な男性って!」

ゆたた「感動の再会ですなぁ…」

汚金田「誰が感動するか! よくも私に病気をうつしたな!」

珍「うつされたのは私の方よ! どうしてくれるのよ!」

汚金田「それは、こっちのセリフだ!」

ゆたた「性病カップルの再会を祝して、三人で一杯やりますかぁ」

汚金田「酒飲んでる場合か!」

珍「ヽ(`Д´)ノプンプン」

ゆたた「体の中からアルコール消毒したほうがいいかと思って(笑)」




ゆたた「ではお二人とも診察室へどうぞ」

ガチャリ…

汚金田「こ、ここは?」

ゆたた「ここは、とある山奥です」

汚金田「山奥?! こんな所で何をしようというのだ!」

ゆたた「ここでしばらく二人で暮らしてみて下さい。自然の中で暮せば免疫力が高まるから」

汚金田「な、なんだと!」
 
珍「こんな変なオヤジと?!」

ゆたた「ここは薬草の宝庫です。自然の中で自然の食べ物を食べれば、心も体も健康になります」

珍「私イヤよ! だって私は悪くないもの!」

ゆたた「珍さん… 先に仕掛けたのはあなたの方です」

珍「だって… 国の命令に従わないと…」

ゆたた「たとえ国の命令でも騙したのは事実です」

珍「だいたい、騙される方がバカなのよ!」

ゆたた「珍さん… 人をバカにしてはいけません… たとえこんなにバカでマヌケでドジでノロマでハエでカナブンのアホ大臣であろうとも」

珍「私、そこまで言ってませんけど(笑)」

汚金田「全く! ホントに無礼なヤツだな!」

ゆたた「いやぁ、それほどでも (〃∇〃)テレテレ」

汚金田「だから、ホメてないってば!」




ゆたた「見て下さい。ここにはヨモギ、ドクダミ、センブリ、オオバコなどの薬草が沢山生えてます」

珍「フムフム…」

ゆたた「この薬草を中心とした食生活にすれば大概の病気は治ります」

汚金田「水はどうするんだね?」

ゆたた「水はすぐ近くに渓流があるので、それを使いましょう。水道水よりも遥かに安全な天然水だから」

珍「家はあるの?」

ゆたた「家は、そこに旧い民家があります。そしてそのすぐ近くに天然の温泉もあるので湯治も出来ます。今日からそこで暮らしてみて下さい」

汚金田「だが… 私は今、通常国会の会期中だ。閣僚の私が長期欠席するわけにもいくまい…」

ゆたた「大丈夫です。あなたなんかいなくても誰も困りません。むしろいない方がいいくらいです (`•︵•´)キッパリ!!」

汚金田「な! なんて事を言うんだ!」

珍「(^∀^)>ゲラゲラ」




ゆたた「ここで日の出と共に起きて、日の入りと共に寝るのです。これが星と共に生きる生活」

汚金田「星と共に?」

ゆたた「はい。本来、星と人間は一つなんです。なので星のリズムで生きることが自然なんです」

珍「そう言えば… どこかの国の少数民族もそうやって暮らしていると聞いたことがあるわ」

ゆたた「文明社会に染まっていない人たちは、自然のサイクルで生きているからね」

珍「なるほど」

ゆたた「自然から通ざかるほどに人は病むのです。心も体もね」

汚金田「う〜む…」

ゆたた「ここには電磁波も無いし、水も空気もキレイだし、薬草を食べて温泉でゆっくり湯治すれば1週間くらいで完治するはずです」




つづく…


関連記事

コメント

野草はすごい!

こんにちは。

小説のような自然に沿った生活をすれば
病気も良くなりそうですね!

以前、セイタカアワダチソウという薬毒やアレルギー疾患などに効く野草をお風呂に入れて入っていたことがあります。

私は湿疹などの好転反応があったものの、体調が特別変わったということはありませんが、一緒に入っていた母の喘息の発作が出なくなり、びっくりしました。

もしかしたら、私がちょくちょく自家製のお漬け物などをおすそ分けしていたことや、家の共有スペースをEMで掃除しまくったことも関係しているかもしれませんが、自然のすごさを感じました。

続き楽しみにしています!

Re: 野草はすごい!

こんにちは( ^^ )

セイタカアワダチソウって、ススキと一緒によく川辺などに生えてるやつですよね。
薬草になるとは知りませんでた。
自家製の漬け物やEMなども体に良さそうだし、健康に気を使っていて素晴らしいです。
私も皆さんからのコメントでたくさん勉強させていただいております。

いつもありがとうございますm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

スマホ版表示はこちらから

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

yutakasakurazawa

Author:yutakasakurazawa
支配者のいない自由な世界にするために
誰もが安心して暮らせる豊かな世界にするために
自然にも動物にも優しい世界にするために活動しております

※寄付や贈り物などの申し出は全てお断りしております。
その優しさは、私ではなくて困っている人や必要としている人にあげて下さいm(_ _)m

当ブログはリンクフリー、転載OKです。
商用目的以外ならご自由にお使い下さい。

読者専用アドレスです。
メールで私と直接話したい時にご利用下さいm(_ _)m
yutaka85@cream.pink

カテゴリ

全記事表示リンク