fc2ブログ

記事一覧

小説【18禁惑星ちきゅきゅ2】第51話 見えない計画が進行している

佐々木がプレアデスに来てから、もう半年が経とうとしていた。

佐々木「しかし、ここはホント平和だなぁ。 この半年間、口論さえ見たことが無い」

穏やかな人たちの暮らす世界には、争いというものは存在しないのだろうか。

いや、そんな単純な問題ではない。

この星の人たちは、言うべきことはハッキリ言う。

心の中にある本音を隠そうともしない。

ウソも誤魔化しも無く、とにかく開けっ広げなのだ。

それでも平和が保たれているのは、なぜなのだろうか。

佐々木は半年間暮らしても、分からないことだらけだった。

佐々木「体験から学べというが、体験しても分からないことも少なくない。 そうか! 今の自分に分かるレベルのコトしか分からないからだ! 考えてみれば、当たり前のことだよな」

仕方ない、またプリンに聞いてみるか。

テクテク........."8-(o・_・)o




|ᴗ•)و゙㌧㌧

プリン「あら、いらっしゃい」

佐々木「教えてくれ。 なぜプレアデスでは争いごとが起きないのだ」

プリン「何度もお伝えしてあるでしょ。 全ての答えは愛だと」

佐々木「うむ…」

プリン「愛とは普遍性のこと。 私たちはどんなことも普遍的な意識で考えるから、争うことが無いの。 争いとはエゴからしか生じないものだからね」

佐々木「ふ〜む… もっと具体的に教えてくれ」

プリン「全体の喜びと幸福を考えるのよ。 誰も不満を感じない方法を。 誰も犠牲にしない方法を。 誰も悲しまない方法を。 みんなにとっての最善を考えるの。 これが文明そのものを永久機関にする方法」

佐々木「なるほど! 永久機関か」

プリン「簡単に言えば、ちきゅきゅと真逆の世界。 ちきゅきゅは今だけ、自分だけ、金だけでしょ?」

佐々木「うむ (´ㅂ`;)」

プリン「これは自滅型文明… 普遍性とは真逆だからね」




プリン「じゃあ実践問題を出すわよ。 ここにケーキ🎂がワンホールあるとする。 3人で分けるとしたら、どうする?。 ルールはただ1つ。 誰も不満に感じないようにすること」

佐々木が「これは簡単だ。 3等分にすればいいんだろ?」

プリン「その通りね。 でもこんなに簡単なことさえ、ちきゅきゅではしないでしょ?」

佐々木「うん…」

プリン「力の強い人が独り占めをしたり、ズル賢い人が作り出した複雑怪奇な制度で理不尽さを正当化させているわ。 でも本当は、平和ってとても単純なことなの」

佐々木「分かち合うという発想は、微塵も無いもんな… 口にしただけでも共産主義とか、全体主義とか言われるし」

プリン「分かち合いよりも、奪い合いが正しいと思っているからね」

佐々木「たしかに… 奪い合いの世界が平和になるはずがないよなぁ…」

プリン「競争ばかり、比較ばかり、搾取ばかり… これで平和になるはずがないわよ…」

佐々木「言われてみれば当たり前のことだよなぁ…」

プリン「私たちは当たり前のことしか言ってないもの」

佐々木「争いの根源は自分たちの中にあったんだなぁ… だから外側ばかり見てないで、自分自身を客観視しろと作者は言っているのか。 それが闇との統合の意味なんだろう」

プリン「外側の闇ばかり叩いていて、自分自身の闇を棚に上げているわ。 教えてあげるとアンチやネガティブと決め付けて、全否定をするだけ」

佐々木「全くだ (´°ᗜ°)ハハッ..」

佐々木は、また宇宙人との大きな差を感じていた。

我々ちきゅきゅ人は、こんな当たり前のことさえ出来ない幼い民族だったのだ…

いや、気付いてさえいなかった。

奪い合いの世界から争いが消えることはない。

分かち合いの世界では、争う場面さえ無い。

答えは、こんなに単純なコトだったのだ。




プリン「平和な世界にしたければ、常識や習慣や価値観やシステムを根底から見直すことね。 ただカバールや政治家を叩いていても何も変わらないわ。 変えることに思考を使っていないのだから変わるはずがないでしょ。 自称正義がやっているのがコレ!」

佐々木「そうだよなぁ…」

プリン「自称光がやっているのが、存在しないGESARAやイベントを待ち続けているだけ。 受動的で他力本願だからね」

佐々木「うむ…」

プリン「そういう人たちに具体的な方法をお伝えしても、興味さえ持たないわ。 自分は何も行動しようとしないからね。 トランプや銀河連邦とやらが全部やってくれることを待っているだけなんだもん」

佐々木「口を開けておくだけで、親鳥がエサを放り込んでくれるのを待っているヒナ鳥と同じだもんな…」

2021061602390233c.jpeg

プリン「社会から巣立とうともしない。 または自分たちでもっと住みやすい社会に変えようともしない。 これで変わるわけがないわ」

佐々木「ホントその通りだ…」

プリンは、いつも当たり前のことをズバリ教えてくれる。

あとは自分次第だ。

変わらない選択を選ぶ人は、耳を塞いだり、全否定して自己弁護や自己正当化をするだけだろう。

変わる選択を選ぶ人は、変わるための思考や行動をする。

結局は本人次第なのだ。

プリン「ちきゅきゅを救う方法は、すでにお伝えしてあるわ。 あとは、あなた達次第ね」




プリン「あ! 1つ重要なことを伝えておくわ。 支配層は人間を段階的に減らしていき、AIロボットと入れ替えていくつもりよ」

佐々木「そういえば! 医療用のAIロボットとか作業用のAIロボットとか次々とメディアで紹介してるよな。 狙いはそれか!」

プリン「うん。 労働の多くはAIロボットにやらせることに決まったの。 つまりこれまでの労働用の人間は用済みだということ。 そして残す人間の選別も、もうほとんど終わってるわ」

佐々木「え?!」

プリン「ワクチンを打てと言ってる著名人がいるでしょ? 彼らは支配層から残すことを告げられた人たちなの。 だから他の人間は早く死んでほしいわけ。 それでワクチンを急かしているの」

佐々木「そうだったのか…」

プリン「重要なのは、ここからよ。 イッキに人口を減らしたらバレるでしょ? だから精巧なAIロボットと入れ替えて、気付きにくくしているの。 すでに著名人の何人かはAIロボットと入れ替わってるしね…」

佐々木「そういえば、ロボット説のある人もいるよな。 ザッカー○ーグは『かつて自分は人間だった』と漏らしてるらしいし。 あと関暁夫は、バイデンはAIロボットだと言ってるしな…」

プリン「うん…」

佐々木「あと… 突然フリーズして、目だけがギョロギョロ動いてる奇妙な人間の目撃事例も増えているそうだ。 その中の一部は映像にもとらえられている」

プリン「その人たちはAIロボットかも知れないわね… そして一般の人たちも徐々にAIロボットに置き換えられていくわ。 だから人口削減計画は気付かれにくいの」

佐々木「クソ…」

プリン「気付いた時には、大部分の人がAIロボットになっているかもよ…」

佐々木「まるでSFのようだな… これでは迂闊に人を信用出来なくなるな…」

プリン「だから作者は何年も前から繰り返し言ってるのよ。 自分を一番信じられるようにしろと。 そして本当に必要なのは現実的な行動と、生きるための本質的な知識とスキルだとね」

佐々木「なるほどなぁ… 人間らしさや自分らしさを放棄してはいけないよな」

プリン「それともつ1つお伝えしておくわ。 ワクチンを接種した人の中には磁石が体に付いたり、Bluetoothに接続したりするケースが複数報告されているわ」

佐々木「え?! それはどういうなんことだ?」

プリン「おそらくトランスヒューマニズムだと思うわ。 人間をロボット化する計画」

佐々木「クソ! なんてことだ!」

プリン「AIロボットを何億体も作るよりも、ワクチンでトランスヒューマニズムにした方が早いのでしょうね」

佐々木「そうか… いずれにしろワクチンは絶対に打ってはいけないな! 死ぬかロボット化するかの二つだもんな」




つづく…
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: AIロボット化とワクチン

こんにちは(^^)

Bluetoothと同じ機能?!
それはまさにムーンショットに向けた仕掛けでしょうね。
支配層は映画デモリションマンよりも自由の無い未来にするつもりなのでしょう。

近年はロボットのように心の無い無機質な人が増えているような気がします。
猟奇的な犯罪を犯す異常な人だけでなく、普通の人も、とにかく心が冷たいというか心が無いんです。
愛を語るヤツは詐欺師だと言ってる某著名医師や、無償の奉仕をしているゆたかは偽善者だというコメントが来たりね…
心の無い人には心が理解出来ないのでしょうね。
心ある人は社会から離れて自給暮らしをするしかなくなってきているのかも知れません。
ていうか、社会から追い出されてしまうというのが本当かも知れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 毎回びっくりです🥺

こんにちは(^^)

これから更にいろいろな事が起きてくると思いますが、我々のこれまでの常識や習慣を見直したり、恐れを手放したりする機会として見ることも出来ます。
起こる出来事をどう捉えて、どう行動するかで、その人の未来が決まるはずです。
何が起きても、恐れず怯まず前向きに自分らしく生きていきましょう。

私も牡牛座なんです(笑)
私の周りも牡牛座が多いし、偶然とは思えないですよね。
そしてこのブログに辿り着く人は、プレアデスと関わりのある人が多いのではないかと思っております。

いつも読んでいただきありがとうございます( ^^ )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 外国での行動制限の解除

こんにちは(^^)

それは嬉しい情報ですね!
そして両面から見て判断しているところも素晴らしいです。
いろいろな見方をすることで真実に近づけるし、どんなケースでも柔軟な対応をすることが出来るからね。

情報ありがとうございますm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

スマホ版表示はこちらから

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

yutakasakurazawa

Author:yutakasakurazawa
支配者のいない自由な世界にするために
誰もが安心して暮らせる豊かな世界にするために
自然にも動物にも優しい世界にするために活動しております

※寄付や贈り物などの申し出は全てお断りしております。
その優しさは、私ではなくて困っている人や必要としている人にあげて下さいm(_ _)m

当ブログはリンクフリー、転載OKです。
商用目的以外ならご自由にお使い下さい。

読者専用アドレスです。
メールで私と直接話したい時にご利用下さいm(_ _)m
yutaka85@cream.pink

カテゴリ

全記事表示リンク