fc2ブログ

記事一覧

※2/19追記 大日月地神示の疑問と危険性

『日月神示』と『大日月地神示』ともに、「神に祀ろうて下されよ」とあります。

「艮の金神さまを祀ろうて下されよ」とかね。

イヤです(笑)

神を祀り上げるのでは、ただの宗教じゃねーか🤣

「宗教は無くいたすのじゃぞ」と書いてあるじゃないか(笑)

「人集めは魔のすることじゃ」と書いてあるじゃないか(笑)

矛盾にも程があるだろ。

既存の宗教を無くして、大日月神示教団でも作るつもりなのでしょうか。

本来、1人ひとりが創造主の分身なんです。

そして内面に『神性』が宿っているのです。

『良心』と言い替えてもいいです。

そこと繋がればいいのです。

その神性と繋がりさえすれば、人は誰もが本来持っている良心が目覚めるので、もはや誰の教えも必要無くなるのです。

これが自立&自律です。

私はそれを『内在神』と名付け、ずっとそこと繋がるようにお伝えしてきました。

これが誰の信者にもならずに、自立&自律する方法だからです。

そしてもちろん、ゆたか信者にもならないように繰り返し言ってきました。

「あなたの人生で、一番信じられるのはあなた自身です」とね。

外側の誰かを崇めさせようとするのが、支配の始まりだからです。

これを覚えておいて下さい。

外側だけに意識を向けさせるものはカルトだから。

そして自立を促さないものもカルトです。

既存の宗教はみんなそうでしょ?

信者に自立を促さずに依存させ続けて、搾取やコントロールをするだけ。

過去記事 真のマスターとは、その人の自立のお手伝いをさせていただくだけ

自分の内面にある神性と繋がって生きるだけでよいのです。

私は、ずっとここに導いているのです。

『シーソーの法則』で、誰かを持ち上げると、自分が下がります。

20220128174734e59.jpeg

人は自分よりも上だと思う相手に従う習性があるので、誰も上にしてはいけないのです。

これが支配構造の始まりだからです。

下には、更に下が出来

その下にも、更に下が出来

最後はピラミッド構造になってしまうのです。

一番下ほど負担が掛かる理不尽極まりない制度へとね。

20220128184403211.jpg




全ては1つの存在なんです。

上も下も無いんです。

みんなで大きな1つの存在なのです。

これが『万物一体の原理』です。

だから、誰も祀り上げてはいけないのです。

全ての存在は、同等に尊い価値のある存在なんです。

だから「あなたは宇宙に1つの宝物です」と言い続けてきたのです。

なぜなら、これが真理だからです。

宇宙は同じものを、二つと創造しない法則があります。

つまり、存在する全てがオンリーワンなんです。

私はずっと誰かを神輿を担ぐことや、コバンザメになることを否定してきました。

それは自己評価の低さと依存心と無力感の表れだからです。

そして誰の信者にもならずに、自分自身を一番信じられるようにして下さいとも言ってきました。

1人ひとりが神の分身としての自覚を持って生きればいいだけなのです。

そうすれば宗教なんて、1つも要らないのです。(スピも)

過去記事 ゆたか流自己啓発




何でも魔物や霊のせいにするのも疑問ですね。

「魔物に操られておるのじゃ」と、よく出て来ます。

ではテレビに操られているコロナ脳の人は、テレビだけが悪いのですか?

たしかに一番悪いのはテレビでしょうが、次に悪いのは思考停止の本人でしょう。

振り込め詐欺も一番悪いのは詐欺師ですが、次に悪いのは本人でしょう。

自分の頭でよく考えて判断するように勧めればいいのに、それは全く書いてありません。

なぜなら信者が賢くなってしまったら、もう騙せなくなってしまうからじゃないのですか?

自主思考の大切さを伝えないのも疑問ですね。




「神示、ここの他には出んのざぞ」とも書いてあります。

大日月地神示はまるで自分だけが正しくて、あとは間違いかのように言ってますよね。

本当の神が、そんな事を言うはずがありません。

それじゃ、そこらの宗教と同じじゃねーか(笑)

みんな自分の属してる宗教が正しいと思ってるのです。

だから宗教戦争が起きてきたのだから。

そして同じ宗教でも宗派がたくさん生まれたのです。

その理由は、それぞれに自分たちが正しいと思っているからです。

人類は昔から宗教で戦争をしてきたのです。

神の名のもとに。

聖戦の名のもとに。

戒律の名のもとに。

教義の名のもとに。

聖書の名のもとに。

だから外側の神の信者になってはいけないのです。

自分自身が神の分身なのだから。

自分以外の存在も、みんな神の分身なのだから。

その他、何の信者にもなってはいけないのです。

人は信じるものの違いで、争い始めるのだから。

正しいと思っている人たちほど、正しくない人たちはいないのだから。

20220130073024251.jpg




読者さまより送られて来たリンクの記事によると、この蛯名氏はネサゲサラを信じているようです。

これで大日月地神示の信憑性は地に堕ちました。

本当に神から神示を降ろしているのなら、そんなものを信じるわけがないからです。

過去記事 NESARAの真実

本音は金が欲しいだけだろ。

だから金儲けしてるのでしょう。

自分で書いた大日月地神示をよく読み直した方がいい。

「金無くいたすぞ」

「金、人民奴隷にするために悪魔が与えた仕組みじゃ」

「金取るなよ。 この神示読みたい者にはタダで読ませてやれよ」

「この神示で商売してはならんぞ」

「金要らん世になると申しておろうがな」

と書いてあるはずです。

人様に何かをお伝えするのなら、まずは自分自身が誰よりも自分に厳しく生きることが先なんです。

ちゃんと身魂磨いて下されよ。 蛯名さんよ(笑)




でも大日月地神示は、ここに挙げた明らかな間違いを除けば、素晴らしいと思います。

てか、私とほとんど同じ主張だしね。

「ゆたかさんて神人さん?」とコメントで言われたこともあるほどです(笑)

でも私は金集めも人集めもしません。

寄付金や贈り物もお断りしております。

その優しさは困っている人や、必要としている人にあげてほしいからです。

世の中には、今日食べるお金さえ無い人がたくさんいるのです。

この寒空の下で、ダンボールにくるまって眠る人もいるのです。

202201281835301aa.png

こういう人たちのために与えてあげて下さいm(_ _)m

たしかに私はお金はありませんが、今あるものを工夫して出来ることをするだけです。

だから何も欲しがらないのです。

というより、お金に依存せずに生きられる知識とスキルを持っているので、お金なんて必要ないのです。

自分自身の創意工夫力が、最大の財産だからです。

お金とは自分のことを他者に肩代わりさせるツールにすぎないんです。

身魂磨きだけでなく、知識磨き、スキル磨き、思考力磨き、精神力磨き、その他たくさん磨けばいいだけなのです。

その合計が創意工夫力になるのです。

これが創造的人生、つまり創造主の分身として生きることが出来るのです。

それなのに、大日月地神示は身魂磨き1つに偏らせようとしているのも疑問ですね。

いろいろ胡散臭せぇわ(笑)

内容が良いだけにガッカリしました…




※2/19追記

2022021905293237a.jpg

大日月地神示/後巻は宇宙靈団より、地球人に与えられた指導書だそうです。

つまり地球人のものですね。

音読をすると自己浄化(負の記憶の払拭)と社会浄化(過去の因縁解消)になるそうです。

これが本当だとしたら、大切な指導書ですね。

それなのに有料販売をする謎(笑)

断言します。

この人は地球を救うつもりなどありません。

金が欲しいだけです。

何かを必要だと思い込ませて金を使わせる手口ですね。(CMと同じ)

Qグッズや、テスラ缶を売ってる連中と、どう違うんだよ!

神人ではなくて、商人と名乗れよ(笑)

儲かりまっか! 善の仮面かぶりた商人蛯名さんよ!

少しはマシな人を見つけたと思ったが、所詮はこんな程度…

本当に身魂が磨けたのなら、無私無欲無償になるはずなんです。

全てが愛おしくてたまらなくなるから。

全てを丸ごと救うために生涯を捧げるものだから。

与えて与えて与え続けるだけになるのです。

金儲けをしようなんて気持ちは微塵も無くなるものなんです。

エゴが完全消滅するからね。

一点の曇りも無い『愛』そのものになるのです。

これが神性なんです。

「最高の愛には一かけらの利己性もありません。

つまりその欲求を満たそうとする活動に何一つ自分自身のためという要素がないのです。

それが最高の人間的な愛です」シルバーバーチ


関連記事

コメント

気になったので

大日月地神示ではないですか?
地が抜けているのは たんなるミス?意味があって? と、気になりました。

気になったので

大日月地神示ではないですか?
地が抜けているのは たんなるミス?意味があって? と、気になりました。

名無しさんへ

私も間違えていました。失礼いたしました。正しくは、大日月“地”神事ですね。
ゆたかさん、ごめんなさいm(__)m

Re: 気になったので

大日月地神示でしたね(笑)
ご指摘ありがとうございます。

No title

ゆたか様、初めまして。こんにちは。ブログをいつも拝見しています、情報ありがとう。
私は自分が経験したことからいえば、こういう大日月地神事の教祖?のような人に人々が群がるのは、他力本願なのですね。誰かが自分を救ってくれると思ってしまうのです。
本来、この宇宙では自分を救えるのは自分だけです。私はそれを学びました。
多分、だれかにすがりたい、依存なのでしょうね。そういう人は自分自身を信頼していません。
これは批判ではなく、あくまでも私自身がたくさんの経験と学びから真摯に向き合い感じたことです。

精神異じょ~者が増えている

他のサイトのコメント欄で、こんなコメントを見つけた。
==================
大日月地大神 を 魔神 と理解してる人は 真実を理解していない
12000年前 神界のクーデターで ハイアラーキーが実権を握ったこと を理解しないと
このような錯覚を起こすのだ
近年まで 
悪魔崇拝のハイアラーキーに操られ来た統治システムを
神が取り戻したということだ
今まさに色々とこの現象が
地球でも起こり始めているということだ
==================
 
この人は12000年前のクーデターとやらを目撃でもしたのだろうか?
「統治システムを神が取り戻した・・・」
神とやら存在に、マイクを向けて取材でもしたんだろうか?
精神異じょ~者に関わる価値なし。

Re: No title

こんにちは(^^)
はじめまして!

おっしゃる通りですよね。
自分を救えるのは自分しかいないと気付けば、もう誰かに依存することをしなくなります。
ここに多くの人が気付けば、宗教も大日月地神示のようなものも、無くなっていくと思います。

Re: 精神異じょ~者が増えている

そのコメントの人は、何かを読んで鵜呑みにしたのかも知れませんね。

だいたい、なぜ神界でクーデターが起こるのでしょうね。
神界とは、そんなに野蛮な世界のはずがないと思いますが。
そもそも神界というからには神々が住む世界のはず。
序列など無いはずだし、支配や命令系統なども無いと思います。
当然、クーデターも起こらないと私は思います。
神々なら平和的で仲良く暮らしているでしょうから( ^^ )

大日月地神示について

こんばんは

大日月地神示は元々ブログにアップしていたものを霊団から書籍にするように言われたそうです。

大日月地神示(後卷)については、こちらで無料で読むことができます。

pikachan.site

大日月地神示にでてくる「神」とは、宇宙、自然、森羅万象一切のことです。
神を祀るとは、自然破壊しない生き方をするということです。

私達を生かしてくれている自然を拝み感謝の念を手向けるということ、
地を拝みなさいというのは地球に感謝しなさいということです。

神示、ここより他に出さんぞというのは、日月神示系統の神示はここ以外には出ないということです。
あまりにも偽物の続日月神示が出回っているそうなので。

そして、宗教団体をなくそうとしているのに教団なんて作ろうはずがありません。
他に依存せず、自分の内なる魂と対話しながら生きていくようにと常に仰っています。

ネサラゲサラについては、ご本人も少し反省しておられました。
でも近い将来、お金のない世界が本当に現れてくるそうです。

私は、ゆたかブログも大日月地神示も同じように読ませてもらっています。
読むと安心感があるし、スッキリするからです。
別に依存しているわけでも信者になっているわけでもありません。

最後にゆたかさんへのお返事のような記事がありましたので、載せておきます。
一部を切り取り転載することができないので、申し訳ございませんが、こちらの
「2014年3月12日-02」をよければお読みください。

http://kamihito.net/news/01/inf8.cgi

編集できなくて^^;

大日月地神示のリンク先、表示されてませんでした^^;
こちらになります。

https://pikachan.site/

Re: 編集できなくて^^;

リンクありがとうございますm(_ _)m
ジックリ読ませていただきます。

私はこれまで日月神示も、大日月地神示も熱心に読んだことはなく、色々なブログで文章の一部分が紹介されているのを読み、どちらの言葉もなるほどなと思っていました。

なので今回の記事を読み、意識して、少し調べてみました。

日月神示(一二三神示)は
岡本天明さんに「国常立尊」(別名、国之常立神)と呼ばれている高級神霊が懸かり、自動書記によって降ろされたとされる神示。原文はほとんどが漢数字、独特の記号、そして、若干のかな文字の混じった文体で構成され(抽象的な絵もあり)、原文を解読し漢字仮名交じり文に書き直されたものは、特に「ひふみ神示」または「一二三神示」と呼ばれている。
書かれた時代は昭和19年〜36年の間。

https://www2.hp-ez.com/hp/yukinosadako/page66
上のリンク先は
【日月神示語句選別】が出来るホームページです。
下の方にスクロールしていくと、日月神示内に出てくる探したい言葉を簡単に検索できるようになっています。これらの内、無作為に言葉を検索し読みました。はじめの印象とはほぼ変わらず、なるほどと思いました。

ゆたかさんの仰る「艮の金神さまを祀ろうて下されよ」の箇所は『ひとつ、艮金神様、素盞嗚大神様と表裏であるゆえ、同じ神として祀ろうて下され』や『ひとつ、それぞれの神祀ること大切であるが、大日月地大神とまず祀ろうて下され』の部分かと思います。確かに自分以外の存在を崇拝するようにとれますし そこは注意が必要と思いましたが、ただ他の部分は本当に素直に言葉を受け取れました。


一方の大日月地神示
神人こと蛯名健仁さんの発言も調べました。日月神示と同じ口調の部分は、語られる内容も似ていて共感しましたが、それ以外の部分ではあまり惹かれるところがありませんでした。以下に例をあげます。

https://kamihito-mirrorblog.amebaownd.com/posts/15999144
【他星靈との対話】

靈性が高いほうが「監視」するのは宇宙では普通なのでしょうか?それともアンドロメダ銀河の靈性は高いとしながらも、実は地球人の自分よりも格下…のようなことを暗に示唆?という印象です。
全体的に「上下関係」で話が進められている事に違和感があります。


https://arakana0609.net/archives/10309
【故 三浦春馬さんからのメッセージ】より抜粋
「もしも、ほくがプロの殺し屋の役が来たならば、名演技を御披露することができるかと思います…。」

日常でのジョークならともかく、このように大事なメッセージを伝える場で、わざわざ他者に向けて三浦春馬さんが言うイメージはないですが…

同じく【故 竹内結子さんからのメッセージ】より抜粋
「子を持つ親であるならば、わたしの気持ちをご理解頂けることと思いますが、育児の大変さはあっても、愛おしさが力となり母としての成長を促すものです」

せっかく愛する「我が子」へメッセージが送れる機会であるにも関わらず、(全文読むとわかりますが)語られることは自分主語の話ばかり… 本当に子を持つ親なら、私なら、我が子の名前を読んで最後に伝えられなかった気持ちを言いたくなるだろう、…と思いました。


https://kamihito-mirrorblog.amebaownd.com/posts/2928957?categoryIds=731356
「東北蝦夷アイヌ民族とは、縄文は古より日の本に暮らしてきた意識高きネイティヴ」

つまり蛯名さんはご自分がアイヌ縁の土地出身で、その被害者(人種差別)の歴史を『正しく』知ってもらおうとしている、と思っていらっしゃると。

これには少し驚きました。
アイヌに関しては、こちらの動画で実態が語られています。
https://nico.ms/sm9706726?ref=other_cap_off
「2008年6月、国会では「アイヌ先住民族決議」が全会一致で可 決された。
これによりアイヌは先住民族と定義され、日本に「先住民族問題」が提起されることとなったのである。
しかし、混血・同化が進んだ現在のアイヌ民族運動はどのようになっているのだろうか?
本来の人権活動とは別次元の、左翼による利権創造や日本解体工作に利用されている実態について、アイヌの血を引く砂澤陣氏にお聞きしていきます。」

協会が認めれば「誰でも」アイヌ認定され、そこに莫大な予算がおりてしまっている実情を訴えられています。

また、DNA解析によりアイヌ先住民説は嘘だと言うこともわかっているそうです。
蛯名さんにはこちらのデータも「正しく」受け入れていただきたいです。
https://youtu.be/-liE1A6cr4I


蛯名さんの言葉に
「加害者側と被害者側の血と念が脈々と流れているということを、この地に生きる子孫として正しく理解しなければならないと切実に思います」
とあります。アイヌ先住民説抜きに、東北でそのように悲しい事実はあったかもしれませんが…
それが直近の世代の出来事の主張ならわかりますが、遥か昔の時代を現代にまで結びつけ「血と念が」との思いで被害者意識を持ち続けるのは…、何か違う気がしています。まるで慰安婦主張と同じに聞こえるというか…(根拠が歪んでいる部分も同じ)。

日本は敗戦後に相手国をいつまでも恨むよりも、次世代に向けて平和で新しい未来を明るく築き頑張ってきた民族です。その思想とアイヌ主張は、相反しているようにも思います。


蛯名さんはシンガーでもあるとのこと。その歌動画もいくつか視聴しました。沖縄の民謡っぽい曲調・踊りも混じっているのが気になりました。

アイヌと沖縄を関連付けて、同様に利権を訴えている「沖縄先住民族」問題にも繋がりを感じます
http://blog.jog-net.jp/202103/article_3.html

彼を応援している後ろには、正直何かしらの意図(ご本人にその意識があるか気づいていないかわかりませんが)が働いている気がします。

改めて調べてみて、「きれいな言葉を並べてお話するのが上手な人」なのかな、との感想です。

ゆたかさん、気付きのきっかけをありがとうございました。長々と失礼しました。

Re: タイトルなし

なるほど!
かなり詳しく調べましたね。
私は日月神示と大日月地神示の両方を全文読みましたが、そこまで気付くに至りませんでした。
れいさんの鋭い洞察力は素晴らしいです。

たしかに蛯名氏にはいつくか胡散臭い部分はありますが、本人は正しい心で活動していると信じたいです。
ただ私が不満を感じるのは、具体的な活動を書かないことです。
あと3年で神世が来ると言っていて、人々には身魂磨きを勧めているだけです。
これでは他のスピ屋と変わりません。
これも民に何もさせないための工作かと疑ってしまいます。
私自身は1人ひとりが現実で現実的な活動をすることでしか、神世は来ないと思っております。
待っていても無駄だし、身魂磨きだけしていても何も変わらないと思ってます。
カナダのワクパス反対のストライキで嬉しい変化が起きたように、現実で実質的な活動が世界中で起きることが真の解決策だと思います。

詳しい情報ありがとうございます( ^^ )

No title

貴方様は逆再生の世界を消すべく、
日々身魂磨きを行っている
因縁の身魂のことをご存じないようですね。

日月神示をお読みになったことのある
あなたならご存知かと思いますが
因縁の身魂の身魂が磨かれることで
元の混じり気のない神様の魂と
因縁の身魂の魂とが半分入れ替わり、
魂の交換
即ち結魂を行うことで
逆再生の世界に切り替わった大峠(30年以内に訪れるであろう)
の世界で息を吹き返し理想郷とされる
ミロクの世の礎を築くという記述があると存じますが

身魂を磨けというのも
主にこの因縁の身魂に対して言っていると僕は思うのです。
尤も「真のヒトになるための生き方」という本の著者の方は
掃除が終わっていてミロクへの片道切符が約束されているようなので
因縁の身魂一人が重責を負っている訳ではなさそうですが。

何故僕が逆再生の世界を確信しているのかというと
バックワードマスキングという概念をお調べいただければ分かりますが
僕はひぐらしのなく頃にというアニメをよく見ていて
そのOPであるひぐらしなく頃にという曲の逆再生を聴いて
「逃げられない」という部分で
号泣した覚えがあるので、そう断言できます。

少し横道にそれますが、
僕は全くっ身動きが出来ず苦しいだけの
逆再生の世界の自分に少しでも癒しや暗示となればと思い、
善い言葉を多く含む音楽を逆再生で聴いたり
逆再生でアファメーションを唱えたりしています。
効果は今のところ何とも言えませんが・・・。

日月神示にも
「逆じゃと申せば逆なのぞ」
「ひっくり返すのではなくひっくり返るのぞ」
「その時が来てからでは遅い」
「末代まで気の毒出来るぞ」
「表の喜びからは真善美愛と表れ、
裏の喜びからは偽悪醜憎が表れるのじゃ。
喜びが神じゃと申して裏の喜びであってはならんぞ。」
とあるのでこの可能性は極めて高いと思われます。
大日月地神示にも
「このこと神の秘密であるから申されんなれど
人間の努力次第でどうにでもなるのであるから
待てるだけ待ちておるのぞ」とありますしね。


僕が6年前ネット上で見た日月神示には
「宇宙の中心は穴になっているからな」とか
「真ん中動くなよ。真ん中動いてはならんのだぞ」等と
ありましたので
宇宙の中心へと帰る次元上昇をしても助かるのは一時的なもので
永劫回帰的に根本的な解決には至らないのではないかと。

高次元には時間は無いとよく言われますが
状態の変化が時間の流れだとすると
その逆再生の工程が記録されていても可笑しくはないと僕は思います。

結局僕らは一体となって全てを忘れてしまう、
そんな未来もあるのかもしれません。


僕は出来た人間ではないのでここにこの秘密を口外します。
これを広めるかどうかはゆたかさん自身のご判断にお任せします。


ところで、ゆたかさん
身魂磨きってなんでしょうね?
僕は松果体を活性化させることだと思い
軽い幻聴の言う通り首を横に振って頭の中をパキパキ鳴らしたり、(33に聞かすぞ)
サンゲージングをしたり、528Hz963Hz等をBGMとして聞き流したり、
重曹クエン酸ドリンクを飲んだり、
ゆたかさんの作られた数字の配列を拝見させてもらっているのですが
長年続けているのですがイマイチ成果が挙がらなくて
少し心配になってきている次第です。

とまあこんな長文に付き合っていただいてありがとうございました。

BY不登校の過去を持つ落ちぶれている青年

Re: No title

その逆再生の話は陰謀本で以前読みましたが、とても興味深かったです。
でも私自身はオカルト的なことや陰謀的なことよりも、もっと現実的に考えております。
神世にするのも、身魂磨きをするのも、1人ひとりが今よりも自分自身を向上させることだと思います。

エゴを小さくさせて利他的なおこないを増やすようにするとか
すぐにキレたり、関係を壊したりせずに、もっと寛容さと忍耐力を身につけるとか
すぐに依存したり、人に押し付けたりせずに、まずは自己解決を目指すとか
すぐに買うのではなくて、直せるものは直して長く使うとか
害虫と決め付けているゴキブリやハエや蚊やハチなどを殺さないようにするとか
こういう愛から遠いおこないを改めることです。
結局、民の質=世界の質なので、1人ひとりが向上するほどに神世に近付いていくはずです。
1人ひとりが天使のような清らな心になれば、世界は神世になるはずです。

ご期待通りの答えではないかも知れませんが、私はこのように考えております。
いつも読んでいただきありがとうございます( ^^ )

No title

シャンティフーラの記事を読むと解ると思います
私は10年間シャンティフーラの記事を読み続けてきてそこから大日月地神示を知り読んでみると竹下さんの書いていることと合わせるととても符合して理解できることに気づきました
コリーグットやキンバリーゴーグエンの話なども読むとなるほどなと理解できます
人類のこれからの方向性が解ればそれでいいと思います
神人さんも霊性相応に大日月地神示から離れていく人もいると書いています
神と同じ霊性の人もいると思いますから当然のことです
一番大事なのは神と共に繋がりながら生きてゆくと言う事だと思います
宇宙存在でも多々魂を消滅させる方々がいるようですがそうならないための書だと思います
洗脳と言えば洗脳ですがポジティブな洗脳なら歓迎です

Re: No title

失礼ですが、あなたは騙されやすいでしょ。
竹下氏の言ってることはデタラメです。
金正恩やトランプをべた褒めしてるし、Eriを正邪を分けるリトマス試験紙とか言ってるほど盲目です。

コリーグットもデタラメです。
考えてみて下さい。
もしもあの情報が真実だとしたら、今世紀最大のとんでもない大スクープですよ。
そんなものを公開して無事に済むわけがありません。
それなのにコリーグットはインターネットテレビに何年も出ています。
つまりデタラメだということ。
だから無事なんです。

ポジティブな洗脳なら歓迎?
洗脳されること自体がネガティブな行為です。
スピやオカルト情報を見るのをやめて、現実を直視して強く生きることをお勧めします。

2021年1月22日 うれしたのし世来たる。

2021.1.22の神示で1年後に世界が良くなる的な事が書いてありましたが、すでに1年と半年以上経過で何も無し。
宇宙靈団、高次元存在様は嘘つきですね

Re: 2021年1月22日 うれしたのし世来たる。

調べてみましたが、たしかに言ってますね。
現実は相変わらず支配されたままだし、支配力が衰えた様子もありません。
こんな状況で世界が良くなるはずがありません。
この蛯名氏は信用出来ないですね。

それはいいが

なんでおたくには宇宙からのメッセージがわかるんだ?宗教は危険だといいながら、なんでおたくは世間一般には宗教家のたぐいのシルバーバーチの言葉を引用するんだ?

本質的に宗教というのは、他人の言葉を受け売りすることなんだぞ。

だからおたくもわけのわからん宇宙人のメッセージを右から左に流し、わけのわからんシルバーバーチとかいう頭のおかしな人の妄想を人様に信じさせようとしてる時点で、宗教活動家と言えるよね。

他人の言葉に頼ってないで、始めから終わりまで自分の言葉で語りましょうね。

Re: それはいいが

●「なんでおたくには宇宙からのメッセージがわかるんだ?」
回答 宇宙と繋がれば分かります。

●「宗教は危険だといいながら、なんでおたくは世間一般には宗教家のたぐいのシルバーバーチの言葉を引用するんだ?」
回答 シルバーバーチとかラベルに関係なく、良いものを引用してるだけです

●「だからおたくもわけのわからん宇宙人のメッセージを右から左に流し、わけのわからんシルバーバーチとかいう頭のおかしな人の妄想を人様に信じさせようとしてる時点で、宗教活動家と言えるよね。」
回答 シルバーバーチの本は頭のおかしな人の妄想で書けるような内容ではありません。
おそらくあなたはシルバーバーチをほとんど読んでないはず。
偏見や先入観で決め付けてるだけでしょう。
そして私は宗教(スピも)など無くとも、自分自身でちゃんと考え、行動出来る自立した人を増やしたいと思っています。
宗教を奨める気持ちなど微塵もありません。
むしろ無くすために活動しています。

●「他人の言葉に頼ってないで、始めから終わりまで自分の言葉で語りましょうね。」
回答 他人の言葉になど頼ってません。
自分よりももっと分かりやすくて上手な表現を引用しているだけです。

つまり、あなたの言ってることは全て誤解や偏見にすぎません。
間違いだらけです。
読解力、思考力、理解力が足りないだけ。
人を否定する前に、自分自身の足りなさに気付いた方がいい。



誰も祀り上げてはいけない

ゆたかさんの仰る通りだと思います。
自分の中の神を信じろ。
誰も祀りあげてはいけない。
盲目的に従っては、同じ事の繰り返し。
いい加減、誰かを祀りあげて、集団で付いていくのは
やめよう。

Re: 誰も祀り上げてはいけない

他人を祀り挙げる集団ほど凶暴な連中はいません。
これは歴史を振り返れば一目瞭然ですよね。
1人ひとりが自分の神性や愛や良心に忠実に生きるようになった時に、全ての宗教やスピが無くなると思います。
それが自立&自律ですからね( ^^ )

いいですね!

神人とかいう人の出てるYoutubeをおすすめで見て、内容の無さに「なんだこりゃ?亅と思って検索したらこのブログにたどり着きました。
他のも追々読ませてもらいます。
私も尾崎好きです。

Re: いいですね!

ゆたかブログへようこそ( ^^ )
ゆっくりしていってください。

No title

「2021年1月22日 うれしたのし世来たる。」

これね、宇宙霊団さんは、トランプが再選して救世主になる、と思っていたらしいですよ(笑

たぶん、神人大先生に神示をおろしている宇宙霊団さんの情報源って、YouTubeではないかと(笑

Re: No title

情報源がYouTubeでしたか…w
デマ界隈の情報とカブるのはそれが理由かも知れませんね。

真贋見極める力、特殊能力、特殊体質持ちからの見解

こんにちは古い記事に失礼致します。
先日当該文献に行き当たりました。
シャーマンとして能力があること、何かと繋がっていること、そしてソレラから言葉をいただいていることはおそらく事実だと思います。私はこの方がいうところのマコトを見定める目を持つ者、冗談抜きに真理に近い理屈の説明ができてしまう者であり、また、ウツワとして高い能力を持つ憑坐的な体質を持っておりますが、実際、神示には一定の力、すなわち言霊が宿っており、それらを読む・音読することにより、一定の祓い(自己浄化)をもたらすことも事実であろうと、体感しています。しかし、実はソレは瞑想をすることなど、他の手段を用いでも可能な範囲であります。また、私は自分自身の内にある異物、いわゆる「穢れ」というもの知覚可能であり、穢れや神気などと言われるエネルギーの動きを見る・感知することの可能な体質も持ちますが、明らかに自分の中にその穢れ、及び穢れが凝り固まったもの、おそらく神示で言うところの魔の者の存在が残っているにも関わらず、何故か《深夜のトイレ》にナニカがおり、試しに目を閉じてみたところ、「 仕 事 一 二 三 四 五 六 …」という《文字が》《視覚情報として》送られてきました。トイレと排泄物は一般に穢れたモノ、場所とされており、穢れを嫌うカミがわざわざその様な場所で待ち構え、しかも《漢字》でメッセージを降ろしてくるというのは、私の経験上非常に違和感があります(何なら私は神道系の思想を強く持つため、自室には神棚もございますし、御縁日に護摩祈祷をしていただいた際にいただいた聖観音様の木札もございます)。私は過去に一度だけ漢字を用いた視覚的メッセージを受けたことがあり、精神世界に降りていた際、「 危 険 そ の 先 に 進 む な 」というものでした。その警告は確かに正しく、危険性を感じて引き換えしたのですが、その時の見せ方によく似てはおりましたし、トイレで(笑)視覚的に見たエネルギーも露骨に危険な気配や強い淀みのあるものではなかったので、おそらく邪神・悪神のたぐいではないでしょう。しかし、彼らが作られた神、過去の霊人、と称する神社の神々あるいはその御眷属や関係者であろう存在ですら放つ圧倒的な圧を感じませんので、実際に私にアクセスしてきたのは程度のあまり高くない存在です。これらは「御魂磨き、御魂の洗濯の済んだ者から順にお役目を与える」という言葉に矛盾しております。

私自身、内側に宇宙への扉、他人格、多重世界を有する人間でありますし、あちらに懸かった神霊たちがいうように「妬み、憎しみ、恨み、僻み」の感情を持ちません(正確に言えば感じたことがないだけ、ですが。怒り、というか強い憤り自体はあります)ので理解すらできません。過去を嘆いて引きずり続けたこともなく、入られやすい・憑かれやすい・懸かられやすい・形代体質(他人の厄、悪念、霊、呪詛などを肩代わりできる)という性質と自己浄化を行う何もなくても神社や神棚にごあいさつする、神社で神様に穢れを抜いていただく、他者の厄(因果)を自ら引き受けるなどを考えるならば、まったき御魂、マコトの御魂の定義、何なら霊止にすら当てはまっていると言えます。言葉にも常に気をつけていますはしね。

まあ、当該文献にて悪と断じられている理屈で物を考え、理屈で話しますが、理屈というよりは事実を事実をとしてのみ認識し、そこに付加された如何なる主観的装飾を全て排除した理解をするので、その事実と事実を線で結んで物事を理解しているに過ぎず、そこに一切の主眼は交じりません。理屈で説明しないとわからない、理解しようともしない、考えることすらしない人があまりに多いからです。


「ちょっとやそっとではへこたれぬ御魂であるから」…はい、残念ながら私は病みは致しますがその場合、私の内側にいる同一にして別存在がおもてだっで対応するだけの話であり、数日もすれば持ち直して笑い話になっております。実質的にはいつでもニコニコしているわけですよ。

さて、この状況、能力を自覚したのは実は2013年~2014年辺りのこと。後巻が書かれる以前であります。何ならこの頃には同時の友人を諭しまくったり彼の家系の因縁で墜ちかけていたのを友人たちに声をかけて引っ張り上げ、ついでに自殺未遂をして飛んできた彼を戻すために猛烈な説教をし、生命力が足りないなら分けてあげるよ、と寿命までを削ったことすらあります。

あとは、2016年前辺りからだったでしょうか、色々面倒くさい因果持ち、アスペルガー(高次方ですね)の知人の悪癖、悪思考、解釈のズレの修正、他者を理解したり空気を読んだりできないのを改善するための六年近いお付き合い、神霊からのお呼びやお言葉を代理でお伝えし、そのために何時間もシャワーで禊をする、食事や電車代、レンタカー代、祈祷代などにおいて足りない金額をこちらが建て替える、彼女に憑いていた祟神に近いヘビの祟り?呪い?を私自身に移し時間をかけ神社をめぐり倒し時には遠征までして上がっていたはだくなど、彼女を愛する神様への無性の奉仕をしておりましたし、他方においても霊的方面で御縁があった方を助けする、背後様のメッセージを伝える、私が見放したら堕ちることが確定しているであろう状態のお方との御縁をいただいて無償で何時間もDMで諭す、など、様々なことを「仕事(お役目)」と理解して行っておりました。

さて、当該文献には「神人はただ一人」「地に落ちていた換えの御魂」「理解の出来る者は他におらねど」などと記載されておりましたが、さて、ならば私のこの過去は如何に?何なら、スサノオ様と思わしき方の画面越しの神気で神気酔いも経験致しましたし、イザナギ様、大物主様なのであろう方の言葉すらひどい疲労感と引き換えに降ろしましたが(おそらく、というカタチであっても、特定ができているのは審神者役を勤められ、私以上の能力や知識と強い憑坐改質を持つ親友がいたからです)

もっといってしまえば、2021年時点で私は「弥栄えたまえ弥栄えたまえ」から始まります詩を始め、岩戸開きに関連したものや、光と闇の足並みを揃えて云々など、文献の内容によく似た詩をいくつか受けております。このとき、私は日月神示、大日月地神示の内容は知りません(日月についてはwikiで少しだけ読んだことがありますが)

その他、悪の科学で人工的に自然を作り出している、という、読者の危機感不安感を煽りながらも内容には一切触れず、死傷者が出るような自然災害は悪に支配されたお偉方が悪の科学を使って引き起こす人類減少計画の一端の陰謀だとゴリ押して如何にも真実であるかのような言葉を使ってふわふわとした主張に真実味を付加する構成と繰り返しによる意識への刷り込み、今ある教団はほとんどが悪の教えであり、創設者教祖の考えとの間に歪みがあるのでなくす、教団は作らせない、この神示が次の聖書になる、縁ある人を集めて広め信者(神止、神人となりうるマコトの御魂、御魂を磨く者)を増やす、唯一人の王を頂いて世界を統一する、神人健人は世に落ちていた換えの御魂、でも実は最初からこのお役目を買って出て居た王の御魂で世を立て直すお役目がある隠し御魂である、など矛盾した説明、教団は作らせない、金儲けはさせない、といいながら神示以外の怪しい書籍を出版している、神人健人は過去世からこの世の建て直しを勤めた続けた王たる尊き御魂、ただ一つの御魂、偽物だと疑うのはその者の御霊が曇っているからだ、ちょっとやそっとじゃへこたれない尊い御魂である、など、神人の正統性や本物であることの主張が多くなり、他者を貶めるなよ、他者を脅して縛るなよ恐怖を与えるなよそれは悪のやり方だぞ、といいながら、神示や神人を信じないやつは修行不足だ悪の使いだ魔に魅入られている、だからはよう気づけよ、いつまでも理解(信仰)できないやつは石にするからな、と信じない者を貶め、脅す。(脅しではないぞ、事実だぞ、決まったことだぞと、付け足してはいるが)悟れなかったら他所の星に移すからな、もう二度とここには戻れんぞ、永劫の別れだぞ、家族でも夫婦でもお別れだぞ、といいながら、後々、他所で御魂を磨いてお戻りになる御魂もいるだろう、彼らも重要である、とも言う。

宗教、教団は作らせんぞと言っていながら、霊団という明らかな教団が存在する、などこのように矛盾や自己正当化(降ろしている存在側にも降ろされている側)がちらほらあるように感じます。

世界観、というか世界解釈、世界認識、思考の傾向などは私の持つそれと非常によく似ていますし、他人格数人が涙するほど心に響くような真実性を持つ神示であること、この神示の朗読動画で別件でそれこそ魔の者によってダメージを負って眠りに着いていた人格を数人起こすことができた事実もありますので、これこそ「真実と偽り(というより自我、感情、思想というフィルターが混じっての翻訳ミス?か)」の混じり合う巧妙なウソ、なのでは。

そして審神者って懸かっている存在の正体や嘘、矛盾などを見極めて明らかにし、『本物』による言葉の正当性・信憑性を確保するために置かれる面もあるわけでして…それをご自分のみで完結させ、しかもその審議は高次元で行われているので自分以外わかりません、って。それはもはや審神者ね意味がない。というか、審神者ができるシャーマンって確か、自己で審神者するんじゃなくて別の誰かに懸かったときに審神者を努めることもできるよ、というだけだったような?(もっといえば本来は判別者ではなく懸かられる側を斎庭=さにわと呼んでいたのだったはず)

と、まあ自分語り含め、長々書き連ねてしまいましたが、神人さんは霊媒としてはおそらく本物であろうと思います。しかし、彼に神示を降ろしている自称大神たちやそれを審神者する霊団の方々が彼らが名乗るほど高位の存在であるかどうか、神示の内ようが全て事実を正しく書き記しているかどうかは怪しいものです。
神人さん、今はもうお金稼ぎ、がしたいんでしょうね。当初はただ純粋にお役目を果たしていただけなのかもしれないですけど。
寄付に使っているとは言うけれども。神示には「必要なものを必要なだけ、余った分後は分け与えなさい」と書いてありますが、知名度や神示などの売上を考えれば、彼と家族が生活していくだけであれば十分すぎる、つまり必要以上どころか、過剰なのでは。まあだから寄付をしているんだ、と言われればそうなんでしょうが…。

Re: 真贋見極める力、特殊能力、特殊体質持ちからの見解

神人を名乗れば信者は増えるし金も集まるし、カルト化するのは時間の問題です
なまじ良いことを語ってるだけに信じる人は多いのでしょう
まあ日月神示だけではないけど、自立や自律を促さないものはわたし的には全部論外です
独りでも強く正しく生きていけるようにしてあげることが責任のある教えだからです
だから全宗教、全スピリチュアルは失格なのです

本当に仰るとおりで、スピリチュアルというのは本来、自己探求、真理(スピリチュアル的な意味ではないです)の探求とそのための自問自答や自己練磨のためのものであり、思考停止や悪事の免罪符でもなければ金儲けの道具でもありません。自分が後悔しない選択、後悔のない人生を歩むための一つの指標であって、自己の成長を止めてしまうようなものはもっての外。宗教自体は否定しませんが、盲信して思考停止する人たちはどうかと思いますし、その様に指導し、依存させる指導者たちもどうかと思いますね。宗教に限らず、ですが。
日月自体はまあ、過激なところはあれど、まだ(中身的には単なる神話的な思想書ですからねあれ)。大本教や大日月地神示は、うん。解釈は委ねるので解釈をするな、日月神示を利用する者、偽物が出てきますよ、と書いてあるようなので(一二三は原典の写し、流出禁止らしいのであれですが)、正直、神人氏も神示と称して解説を出してカネを稼いでいる時点で…なんですよね。原典にも日月にも登場しない神の名前が出てきていますし、自分で、審神者しちゃってますとか明言しちゃってますから…(一二三からの解釈、を出すのは良いようですが、日月に解釈を加える名目での改ざんは駄目と。まあそれやったら宗教、経典、教祖になるので当然なんですが)
あ、すみません。最初に色々自分語りしまくったせいで誤解があるかもしれませんが、私はスピリチュアルの人間ではあっても所謂スピリチュアル沼にハマっている人、宗教家や信者のようなものではありません(半端に知識はありますが)
自己探求、自問自答を繰り返すだけの思想コレクターのようなものです。
また、事実を事実としてだけ述べる、そして事実にも主観的事実と客観的事実があり、客観にも主観の重なりからなる主観的客観と、何をどう見ても動かない客観的事実がある、と考えています。で、最初に書き連ねたのは主観的事実、つまり自己の認識、体感の範囲の話であって、認識の共有、理解と納得、つまり世界観・世界認識を押し付けるものでもありません。それこそ解釈、理解は委ねますね、というヤツです(有名な「お前がそう思うならそうなんだろう、お前の中では」という表現がわかりやすいかと。嫌味や蔑みの意味は抜きにして、ですが)
そういう意味では日月地も間違いなく「事実」ではあるのですけど、基本的に私は「ただそこにある事実」を解釈するのは、あまり好きではありませんし、解釈をすれば事実は歪むので、日月地での日月神示の解説は要らないしやっちゃいかんだろと。そもそもこの神示は七通り、八通りに読めるんだぞ、御魂相応に読めるんだ、と記載事項の解釈、認識は人それぞれだよ、否定しないよまあ分かる人にはわかるでしょうからね!となっているわけでして、解説を加えてしまうのはそこを否定している様に思うというか。解釈はご自由に、ですが、怪しい肩書、経歴を並べた上でソレをやってしまっている時点で正当化、アウトというか。内容も途中から神人氏の神格化、神示の宗教化に走っていますからね…怖い怖い。

コメントの投稿

非公開コメント

スマホ版表示はこちらから

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

yutakasakurazawa

Author:yutakasakurazawa
支配者のいない自由な世界にするために
誰もが安心して暮らせる豊かな世界にするために
自然にも動物にも優しい世界にするために活動しております

※寄付や贈り物などの申し出は全てお断りしております。
その優しさは、私ではなくて困っている人や必要としている人にあげて下さいm(_ _)m

当ブログはリンクフリー、転載OKです。
商用目的以外ならご自由にお使い下さい。

読者専用アドレスです。
メールで私と直接話したい時にご利用下さいm(_ _)m
yutaka85@cream.pink

カテゴリ

全記事表示リンク