fc2ブログ

記事一覧

実話小説【生まれ変わったら、そこは異世界だった】第18話 教育と調教の違い

オレの周りには、いつも不良たちが集まって来ていた…

不良たちは、精神的に弱い…

弱いから群れるのだ。

群れに属して、弱い自分を守ってもらおうとするからだ。

独りでいられる強い人や、独りを好む自分軸の人は決して群れない。

そして、弱いからグレるのだ…

グレるのも、弱い自分を守る一つの手段なのだろう。

これは爬虫類脳の特徴の1つである『防衛本能』が働くためだ。

だが… なぜ、こんなにも弱いのか…

彼らとの交流で、オレには1つの共通点が見えてきた。




彼らの多くは、親の愛を知らない。

だが… 決して、親がいないわけではなかった。

いるのに、愛されたことが無いのだ…

本来なら、親から受け取れるはずの充分な愛を貰っていない子ばかりだった…

地球では知られていないが『愛』とは生きるために必要な必須栄養素の1つ。

これが無いと『発育不良』を起こすのだ。


子供は食べ物だけで育つわけではない。

食べ物で育つのは『肉体』だけだからだ。

心は『愛』を栄養として育つのだ。

これは、オレが地球に広めたいことの中で、特に重要なことの1つだ。




彼らは、大人たちへの期待や要求など無い…

心が完全に断絶してしまっているからだ。

もう親子の関係が完全に冷え切ってしまっているからだ。

どんなに求めても、決して与えてもらえなかったのだから当然のことだ…

そのため… インナーチャイルドは、その当時のままそこに置き去りにされている…

20220904181205f3d.jpeg

もっと愛されたかった…

もっと構ってほしかった…

もっと認めてほしかった…

もっと分かってほしかった…

もっと抱きしめてほしかった…

彼らの多くは、甘えたい盛りの年齢の時に、充分に甘えることが出来なかったのだ…

これが心の発育不良の一番の原因…

決して、小遣いやお菓子やオモチャが欲しいわけではないのだ。

そんな理由でグレることなど無い。

心の淋しさを分かってほしいのだ。

心の温もりに飢えているのだ。

愛の飢餓状態で、心が淋しくて、ツラくて、苦しくて、悲しくて、不安でたまらないのだ。

全ての答えは愛。

全ての解決策も愛。

全ての問題は、愛の無さから生まれるのだから。

過去記事 心の栄養失調




進化した世界の教育は、とてもシンプルだった。

なぜなら、誰も教育などしないのだから。

『教えない教育』

これこそが、自立&自律した先進世界だからだ。

大人が与えるのは、教育ではなくて『愛』。

無条件、無制限で、ありったけの愛を与える。

何をしても、何もしなくても、ただ無条件で愛を与えるのみ。

子供にとっては、全てが経験であり、勉強でもあるからだ。

仮に悪いことをしたとしても、大人は優しく抱きしめることで愛と温もりと優しさと安心を与えてあげる。

20220904182805359.png

原因は、ただ愛が足りなかっただけだからだ。

その愛を補充してあげれば、解決することを知っているからだ。

「あなたは、こんなにも愛されているんだよ」と、行動と言葉で示すだけなのだ。

「大丈夫だよ」

「何も心配ないよ」

「あなたは独りじゃないんだよ」

「私たちの大切な宝物なんだよ」

「みんながあなたの事を無条件で愛しているんだよ」

愛のある言葉と、愛のある行動で、心が愛で満たされるのだ。

すると、もう愛の無いことはしなくなる。

「ごめんなさい…」と、自ら反省と学習をするのだ。

●愛が足りない

●愛を与える

●問題解決

心の法則とは、こんなに単純な原理なのだ。




地球では何かをした時だけ、ニセの愛を貰える…

テストで良い点を取った時。

家のお手伝いをした時。

親の言うことを聞いた時。

その他、親にとって都合の良い何かをした時だけ…

そして、それをしないと罰や叱責を受ける…

こんなものは、断じて教育ではない。

動物の『調教』そのものではないか。

調教に愛など無い。

優しさも、温もりも無い。

アメとムチで調教しているだけではないか。

だが… 親自身が、そういうニセの教育をされて育った人も多いはずだ…

だから何も変わらないのだ。

だから愛の無いニセの教育を繰り返し続けるのだ。

だからこんなにも愛の無い社会になってしまったのだ。

「もし、怒られるのがイヤで、規約や命令を守るのだとしたら、それは幸せには結び付かない。

幸せな人生を生きるための唯一の秘密、たった1つの方法、それは愛と共に生きることだ。

宇宙全ての偉大な師は、愛以外のことは言わなかった。

もし、愛を説いてない教えがあったら、それは本物ではない」アミ小さな宇宙人



つづく…




作者より。

地球で『教育』と称するものは、ただの調教です。

従えばアメ。

拒否すれば罰、暴力、叱責…

これでは、理性や自律心を司る『前頭葉』は発達しません。

爬虫類脳が活性化されるだけです。

『生存本能』『防衛本能』をメインに、欲と恐れベースの損得勘定だけで生きるケモノ同然の人間になってしまうだけです。

脳が『γ波』、そしてサバイバルモードに固定されてしまうからです。

「愛とは感情的な、センチメンタルなことであり、人間の弱さであり、愛を云々するのはバカのすることであると思っている人は、数え切れないほどたくさんいる。

知能や理論、物質的収益やズル賢さ、あるいは肉体的強さに価値があると勘違いしている。

文明の基本としての愛を認識出来ないでいる限り、その星は常に滅亡の危機にさらされるんだ。

進化した世界では、人類は統一されて、1つの大きな家族を作り、宇宙の原理に沿ってみんなで生きていく。

でも、全ての世界がここに至る試練を上手くくぐり抜けられるわけじゃない。

途中で自滅してしまう世界も少なくないんだ」アミ小さな宇宙人



●爬虫類脳の教育=調教

●人間脳の教育=愛

どうか、ここに気付く人が増えますように🙏

地球が手遅れになる前に…
関連記事

コメント

ゆたかさん✨
ドンピシャなブログをありがとうございます❣️
ちょうど私のインナーチャイルドを癒している最中でして
あまりにもシンクロしていてビックリしました‼️

まさに母からは愛のない調教をされて育てられました。
でも母も同じように育てられたんですよね。

それを考えると許せる氣がしました✨

救われた氣持ちです✨
ありがとうございます😊

こんばんは🌓

愛のない親を選んで生まれてきて、年相応に心が成長することができずに育ち本当に苦労しました。(今もしています)

「小遣いやお菓子やオモチャが欲しいわけではない」けど、愛情の代替品として物で心の隙間を埋めていました。
ただ気持ちに寄り添って理解を示し、愛を与えてくれたらそれでいいのに、そんなお金出す必要なくなるのに、って思ってました。
今は自分の存在を自分で認められるようになり大分落ち着きましたが、20歳前後は反動で愛情飢餓からの他者への依存がすごかったです。

条件付きの愛は、競争社会の影響もあって洗脳ですよね。
親も同じようにされて育ったから何の疑問も抱かない。
この記事をお子さんがいる親御さんたちに読んで頂きたいですね。

頼むから未熟で子供の心を殺し人生を壊す親が一人でも多くこの世からいなくなってほしい

算数とか社会とか理科とか二の次で、まず心を育てる教育を優先して欲しい

親という存在がどれほどの影響を及ぼすかもっと真剣に理解されてほしい


今回の記事は強く共感しました。
ゆたかさん、子どもの頃に欲しかった理解を示していただき、いつも無償の愛をありがとうございます(*^^*)
私も愛を広めていきたいと思ってます。

愛だけが真実

 デーヴィッド・アイクの未邦訳本に『愛だけが真実、それ以外は幻想』というタイトルのものがあります。ほんと、これですよね。

 また、『奇跡講座』(奇跡のコース)という本のどこかには、すべての行為は、「愛」か「愛を求める行動」という意味の文章があります。そして、返すものは、愛だけである、と。

 ようやく今、これが本当に、なすべきことだとわかります。

匿名にさせていただきましたが、IPアドレスでお分かりになると思います。
私は親に嫌われて育ちました。
母は私が生後1ヶ月の時、怪我で入院した夫の所へ毎晩泊まりに行っていたそうです。
昼間は仕事があるし、父の洗濯物があったから仕方ないという理由でした。
父からは二十歳前後から言葉のイジメとスモーカー行為を受けていました。彼は多分アジア系の外国人だったんじゃないかと思います。裕福な家に入り込み破壊する人達です。
母は良いように利用されて愛されてもいないのに、父に反発していた私を恨みました。子供より夫なんですね。
十代前半までは私も爬虫類候補だったかもしれません。でも、学校でいじめを受け、一人きりになることで、静かな時間が出来、漫画などで美しいものに浸る時間を持てました。
あとは小鳥や猫など、ペットたちがみんな良い子で、わたしに素直な可愛さを教えて魅了してくれたお陰でグレずにすんだかも知れません。彼らを思い出すと、昔と変わらない愛情が湧いてきて胸が締め付けられます。
私に愛を教えてくれたのは、男好きの母でも脂ぎったトカゲの父でもなく、純粋なペットや、庭にいた虫や花たちです。

Re: タイトルなし

makkoさんのインチャの癒やしのお役に立ててよかったです。
いつも読んでいただきありがとうございます( ^^ )

Re: タイトルなし

こんばんは( ^^ )

マリアさんもツライ思いをしてこられたのですね💧
でも自分で解決して乗り越えたのはお見事です。

地球の人は心のチューニング能力を使っていないので、デフォルトのままの人がとても多いんです。
そういう習慣も無いし、言葉すらありません…
何年か前にチューニング方法を何度か書きましたが、まだ時期尚早だったようでほとんど理解されませんでした。
でもまたそのうちに書いてみたいと思ってます。
人と人の心を繋ぐ大切な能力だからね。

いつも読んでいただきありがとうございます( ^^ )

Re: 愛だけが真実

おっしゃる通りです。
でも地球では、ニセの愛にスリ替えられています。
お金、地位、モノ、称賛、エロ、他。
愛の無さを、こんな愛の無いもので埋めようとしているので、欲望に限りがありません。
地球の人は、まだまだ愛とエゴの区別さえついてないからね。
そして支配層自身が愛を知らずに生きているからね。 

Re: タイトルなし

大変な思いをしてこられたのですね…
愛の無い人や環境は、人の心を傷付けます。
その心の傷は、大人になってからも消えずに残っていることが多いです。

犬や猫や小鳥などは天性のヒーラーなので、人の心を無条件で癒やしてくれます。
そして花や樹木なども、心を修復してくれるありがたい存在です。
現代は人間社会から離れて田舎で自給暮らしをする人が増えてるのも、疲れた心や、傷付いた心を癒やすためなのかも知れませんね。

こんにちは(^^)

こんにちは(^^)

調教……とてもよくわかります。
上の子を幼稚園に入れたときに
「なんだこりゃ!」ってなりました。笑

その幼稚園がまた、
とても教育熱心な(?)、ザ・従わせる!という園で
親への教育(という名の調教)もしてきて、従わないとダメ親とされて
後半は「お母さんじゃダメだから、お父さん頑張って!」と先生に期待をかけられた爬虫類夫が調子に乗り
こっちをしつけてくると言う……(^-^ゞ

子供はずっと登園拒否で、
私は子供の気持ちもわかるから寄り添い、
大人の都合もわかるから
お互いが程よく過ごせるような落とし処を見つけたかったし、
話してもムダそうだったので
転園したいとも伝えていたのですが

周りはみんな私がおかしい
私が子供をダメにしている
私がそんなだから子供がそうなった
社会を知らない
逃げている、逃げ癖がつく……などなど
色々言われて、
私自身も何度も何度も自分に
「私がおかしいの?」「変なのは私?」
「大切にしないといけないものはどんなこと?」「私がいけないの?」
「私と居たら子供はダメになるの?」
と問いかけ続けたのを覚えています。

子供との信頼関係が深まったので
私はその部分はとても良かったのですが
その当時は私も子供もつらかったなぁと、
ゆたかさんの今回のお話で
思い出しました(^^)

今は子供も成長し、
自分の意思をきちんと言葉で伝えられるようになったので
貴重な経験&思い出として残っています。


子育ての話は
本当に深くて難しいなといつも思います。
学校は行かせなくてもいいのだけれど、
行かせないと母親への負担が大きくなりすぎてしまう。
似たような意識の人たちで集まって暮らす中で、みんなで子育てできるなら
平和でいいのになぁと思います。が、
実際大人が集まると
「子供はこうであるべき!」の型にハメてしまう大人がいたり
幼児な大人がいたり
自分都合の大人がいたり。。で。
想像しただけで平和な気がしない。笑


なんか人って疲れますね(^-^ゞ

(またひどいまとめかたになってしまいました~。笑)


今日もステキな1日を
お過ごし下さい(^^)

こんにちは。
先日の愚痴コメントで書かせて頂いていたので、私にとってとてもタイムリーな記事です!
コメント欄も拝読していると、私と似たような境遇の方は沢山いらっしゃるんですね…。

私は幸いグレませんでしたが、クラスの隅っこで沈み込んでいたような感じです。
本当は沢山抱き締めてもらいたかったですが、弟が生まれてから母に拒否されていたので、母には近づけなかったですし触れることも出来なかった。
それがやっぱり今でも心残りです。
母自身も親に放置されたり虐待されたりして育ったようなので、今なら同情できる部分はありますが、だからと言ってやって良い訳ではないし、やっぱりなかなか許せずにいます。
以前本人に過去のことを咎めたことがありますが、「許して貰おうとは思ってない」「これ以上私を追い詰めないで!」と逆ギレされました。
それ以来、その事には一切触れないようにしています。

「しつけ」は調教なんですね。
とても良く分かります。
自分の子につい、都合の悪い事をされて突き放してしまうことがあります。
普段は自分の親にされたことをしないように心掛けてはいますし、頭では分かっているのですが、気持ちに余裕が無くて難しい時もあります。
子どもが私自身と同じ兄弟構成で、上の子が私そっくりな性格なので、この子育ては私にとって大きな試練だと思います。
少しずつでも自分で成長して、この試練を乗り越えたいです。

ジャー🚽🌊
愚痴も入ってしまいましたので、流させて頂きました(笑)

みんな犠牲者、条件付きの愛

この内容、はたしてどれぐらいの人間が分かっているんでしょうか。1割以下かもしれませんね。

誰だったか、小さい頃に抱きしめられた経験の有無で変わるとか言ってましたね。
自分の場合は親に抱きしめられた記憶がなく、祖父母辺りだったかはあります。初孫だったというのもあるから愛されていたのもあるんでしょう。そういう記憶があるかないかで、学生時代も変わってくるんでしょう。

子供は親にただ話を聞いてもらいたくて、分かってもらいたいだけなんですよね。昭和よろしくで恐怖を植え付けるだけの教育で親の怖さ、厳しさとかそんなことやってるからおかしくなった。

親もこの社会の犠牲者なんですよね。わざと親と子供を引き離すような教育システム、仕事で忙しくさせてみたりストレスを与えてみたりと。みんな犠牲者です。
親もその親にされたことをやっているだけ。積み重なったカルマをそのまま実行しているだけ。本当は寂しかったり、他の兄妹は大事にされていたが自分はそうじゃなかった、そういうのです。

条件付きの愛でみんな育ってしまったんです。〇〇したら愛してあげる。そういう状態です。
これしたらダメ、これはいい。そういう状態で条件を付けて。だから、そんなのが刷り込まれてカルマになるんでしょうね。結婚してもそうで、そういうことがずーっとまかり通っている。

親は親から受けたカルマが重いから、そうやってやらないと誰かに怒られるっていう恐怖がいまだに強くあるようです。観察しててもよく分かります。そうやらないと褒められないから。怒られるのに恐怖している。
子供の問題ですら自分の問題と思って過干渉したりするのもカルマでしょうね。投影してそれで恐怖に繋がるから必死に良く見せるように子供にもそうあるようにしつけると。

Re: こんにちは(^^)

こんにちは(^^)

その幼稚園はトンデモですねぇ…
教育熱心というか、調教熱心というか(笑)
そういう環境からは大いにハミ出しましょう。
窮屈な型にハメられてしまうだけですからね。

いつも読んでいただきありがとうございます( ^^ )

Re: タイトルなし

こんにちは(^^)

本来は1人ひとりがオンリーワンの存在なので、教育に正解も王道もありません。
地球ではみんな同じ型にハメ込むタイ焼き教育ですが、これは調教というか調理に近いですね(笑)
この窮屈極まりない世界でどれだけハミ出して、どれだけ自分の純度のままで生きられるか試すのも面白いです。

私の場合は、もし明日死ぬとしても後悔の無いように1日1日を生きるようにしております。
あの世に胸を張って帰れるようにね。




Re: みんな犠牲者、条件付きの愛

この社会の制度自体が、人から愛や優しさや温かみなどを奪う毒々しいものになってしまっています…
生きるだけで精一杯なほどに追い詰められ、親と子が一緒にいる時間を奪われています。
結果主義、成果主義、能力主義で、愛から遠いことをしないと豊かに暮らせない異常な世界です。
これでは誰も幸せになりません。
競走し合い、苦しめ合い、傷付け合い、心の無い人ほど勝者になる弱肉強食のままです。
この社会は一度壊れないと、新しい社会を創れないかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

スマホ版表示はこちらから

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

yutakasakurazawa

Author:yutakasakurazawa
支配者のいない自由な世界にするために
誰もが安心して暮らせる豊かな世界にするために
自然にも動物にも優しい世界にするために活動しております

※寄付や贈り物などの申し出は全てお断りしております。
その優しさは、私ではなくて困っている人や必要としている人にあげて下さいm(_ _)m

当ブログはリンクフリー、転載OKです。
商用目的以外ならご自由にお使い下さい。

読者専用アドレスです。
メールで私と直接話したい時にご利用下さいm(_ _)m
yutaka85@cream.pink

カテゴリ

全記事表示リンク