人々が気付いていないお金の魔力 その2 ドーパミン中毒と欲求の原理

6 0
結論から書けば『金銭欲』が強い人ほど、ドーパミン中毒なんです。

お金とは『手に入れた時』と『使う時』の二重にドーパミンが分泌される効果があるのです。

そのドーパミンに踊らされているだけなんです。

どんなものにも『原理』があるのです。

だから原理を知るまでは、同じことを繰り返し続けることになるのです。

お金は発電ハムスターのエサなんです。

でもここに気付いても、ドーパミン中毒から抜け出すのは強い精神力が必要です。

アルコール中毒や、覚醒剤中毒から抜け出すのが難しいのと同じことです。

だから心の弱い人ほど『マネー依存症』から抜け出せないのです。

てか、気付かせるための啓蒙をする人がほとんどいない事も原因の1つです。

気付いている人自体が少ないからです。

むしろお金を稼ぐことが正しいというニセの価値観も気付きを妨げている要因になってます。

だからマネー依存症だらけになっているのです。

お金に依存させて、お金に力を持たせるためにね。

そうすれば、お金を刷る権利を持つ者が絶大な力を握ることが出来るからです。

202304191517225af.png




ではドーパミン中毒の代名詞的存在の『スピ屋』を例にご説明いたします。

何年か前は、スピ屋やスピ信者が私にたくさん寄って来ていました。

彼らの多くは『ニセの厳しさ』で育った人がほとんどだったのです。

特に女性は「女の子なんだから!」という理由で、様々な抑圧を受けて育ったのです。

本当はやりたい事がたくさんあったのに、「あれダメ! これダメ!」と、やりたい事を奪われてきたのです。

でも子供の頃に抑圧された『欲求』は、大人になってから吹き出すものです。

たとえば子供の頃に欲しくても買えなかった物を、大人になってから買ったりしますよね。

男性はプラモデルやラジコンやビックリマンシールを『大人買い』したり、その他当時欲しくても買えなかった物を買った人も多いと思います。

女性のことは分かりませんが、きっと何かを大人買いした人も多いと思います。

それが子供の頃の『抑圧の反動』なのです。

『心的エネルギー』を力学的に言えば、抑圧とは圧力、その圧力の反動が反発力なんです。

20230505081118364.png

『作用反作用の法則』と言った方が分かりやすいかも知れませんね。

抑圧が強いほど、反発力も比例して強くなるのは説明不要だと思います。

ボールを強く押し潰すほどに、反発力も高くなりますよね。

でもヒドイ抑圧を受けて育った人は、その反発力さえも押さえ込んだままの人が多いのです。

そこで悪魔のささやきが…

バシャール「あなたのままで完璧です」

これでイチコロになります…

これは強烈な洗脳ワードだからです。

自分に全く自信が無く、自分というものを抑圧&破壊されてた人にとっては、『天の声』にも匹敵するのです。

「え!? 私のままで完璧なの?! こんな私が?! 私のままでいいの?!」

自分を全面肯定されると、ドーパミンがたくさん出るのです。

プシャー

否定され、抑圧されて育った人にとって、この『全面肯定』はまさに麻薬なのです…

💉ラリラリラ〜ヽ(°∀。)ノ♬

これでバシャールの言うことを全面的に信じてしまうのです。

「この人は良い人だ♡」と…

人は、自分を認めてくれる人が欲しいものです。

何でも許してくれる人が欲しいものです。

認めてもらえなかったから…

許してもらえなかったから…

これも子供の頃の欲求の1つなんです。

だから全面肯定には、高い洗脳効果があるのです。

特に自分に自信が無い人や、自分そのものが無い人はイチコロなんです…




ヒドイ抑圧を受けて育つと、ストレスホルモンの『コルチゾール』が大量に分泌されます。

これは健康的な心身の成長が阻害されるのはもちろんのこと、前頭前野の成長も止めてしまうので、知性や理性や自制心も未発達になるのです。

しかも自分の意見や考えを尽く否定されて育つので、なおさら自分で考えなくなるので、主体性を放棄してしまうのです。

従っていた方がトクだと…

叱られないように、

殴られないように、

親が不機嫌にならないようにと、恐れベースの『他人軸』になるのです…

これで『奴隷脳』の完成です…

そこで健康的な心と精神性が育っていない人に、「ありのまでいい。 あなたのままで完璧です。 ワクワクを選べばいい」などと囁いたら、どうなると思いますか?

エゴ丸出しになるのです。

前述の子供の頃に抑圧された欲求がモロに表れるからです。

作用反作用の法則通りにね…

これまでに溜めに溜め込んだ欲求がイッキに放出されるからです。

これがスピ屋やスピ信者がエゴ丸出しになる理由です。

そしてドーパミンには『恐れ』の感情を緩和させる効果があるのです。

だから『エゴとは恐れからの逃避』だと言ってるのです。

でも、彼らはもうエゴ丸出しの生き方を正しいと信じて疑いません。

自分では目覚めてると思ってるし、次元が高いと思ってるし、波動が高いとか軽いとか思い込んでいるからです。

気付かせてあげる助言をしても、『悪口』や『重い』『ネガティブ』としか思わないのです…

これでは救いようがありません…

でも… いつか目覚める準備が出来た時のために、書いているのです。

私に出来るのは、それくらいだからです。

そしてもう一人、啓蒙してくれている人がいます。

こちらも重ねて読めば、気付きが早まると思います

ともかさんのブログ スピリチュアル講師たちへ<「偽」の心のアファメーションを解く>




関連記事
ページトップ