人の言いなりになる人を育てることを教育とは呼ばない

8 0
親「親の言うことを聞きなさい!!!」

教師「教師の言うことが聞けんのか!!!」

会社「会社の命令が聞けないのか!!!」




どこへ行っても、同じことを言うヤツしかいない…w

これが闇(無個性)の世界…

その人たちも、そう言われて育ったのでしょうね…

かわいそうに…

「自分の愛や理性や良心や善意や勇気に従いなさい」と言う人を、私は見たことがありません。

自立や、自律させるための教えや、自主性を向上させる教えなど、まず見かけません…

いるのは、命令、指図、押し付け、強制、コントロールする人ばかり…

これが奴隷惑星 地球…

奴隷が奴隷を育てているだけなんです。

これで個性や自主性が育つわけがありません…

もちろん思考力も問題解決能力も付くわけがありません…




責任のある教育とは、独りでも生きられるようにしてあげることです。

自分の思い通りに動かそうとするのは、教育ではなくて『調教』なんです。

完全に真逆なんです。

「地球の常識は、宇宙の非常識」ゆたか



【責任のある教育】

●自分で考えられるようにしてあげること

●自分で判断出来るようにしてあげること

●自分で行動出来るようにしてあげること

●自分で解決出来るようにしてあげること

●独りでも強く生きられるようにしてあげること

つまり、『自分』というものを構築させてあげることなんです。

足りないのは、自分自身なのだから。

202306250413356ab.png

これを『成長』と呼ぶのです。

成長して自分の純度が100%になれば、もう誰の教えも必要ないし、何の宗教も、何のスピリチュアルも、何の学校も必要ありません。




【優良星界人の暮らし】

●優良星にも、様々な進化のレベルがある

優良星になったばかりの若い星では、学校教育に似たものがある。

まずは、宇宙の理を学び、次に宇宙科学を学ぶ。

●優良星になって幾千年も経た星では、読書や記憶の必要性は、ほとんど無い。

まずは、高度な宇宙の理を学び、次に実地にて多くを学ぶ。

●優良星になって幾万年も経た星では、教育の余地すら存在しないほどのレベルに達する。

先天的に宇宙の理を知っているので、暮らしと共に必要なものを 悉ことごとく理解する。

●常に精神感応に意識を向けておくことで、高度な理性を持つことが出来る。

●その理性の根源は、一なる大知恵者に対する絶対の信頼に基づくため、完全に発達の遂げた楽園には、いかなる教育も必要としない。

●優良星界では、その暮らしが学びであり、愉悦であり、楽園であり、愛の実現であり、友への奉仕であり、創造主への功績であり、科学する心であり、生命と共にあり、法則と共にあり、それが宇宙の理である。

●宇宙の理と共にあるが故に、己自身に対して強く生き、善悪を超越して正しく生き、笑顔で明るく生き、信頼と譲り合いの麗しき心を持っている。

●人類は皆一体だと知っているので、エゴが無く、競うことの愚かさを知っている。

●森羅万象のあらゆる全てと仲良く相和して、創造主の発する大きな愛の波動を悟っているので、無限の感謝と共に暮らしている。



それには、自分の愛や理性や良心や勇気に従うように、内面に意識を向けさせることが必要なんです。

これをせず奴隷教育で育つと、従わないと叱られたり、罰を与えられたりするので、『恐れ』に従うようになるのです。

これは現実を見れば明らかですよね。

現実はウソをつかないのだから。




自分自身に意識を向けてみて下さい。

あなたは、『何に』従っていますか?

愛や理性や良心や善意や勇気に従っていますか?

だとしたら、何の問題もありません。

もちろん、ゆたかブログから学ぶことなど何もありません。

でも、もしも『恐れ』に従っているのなら、当ブログを隈なく読んでみて下さい。

このブログは、人々に自信と自主性と個性と勇気と愛を身につけさせるために書いているのだから。




ニセスピが、またおかしな事を言ってますね…w

ニセスピ「もうすぐシリウスゲートが開きます。 天使やガイドからメッセージを受け取って下さい」





依存させることばっかり…

外側に意識を向けさせることばっかり…

自分の純度を薄めさせることばっかり…

愛や理性や良心や勇気や自主性から遠ざける誤誘導ばっかり…

あなたが従うのは、スピでも宗教でも親でも教師でもありません。

もちろん支配層でも罰則でも恐れでもありません。

内面にある愛や理性や良心や勇気の方です。

外側に依存させるものは、全て誤誘導です。

あなたを、あなた以外のものに従わせようとするワナなんです。

あなたを、あなた以外のものに変えようとするワナなんです。

●依存=奴隷への道

●自立=幸福への道

過去記事 真のマスターとは、その人の自立のお手伝いをさせていただくだけ


関連記事
ページトップ