足りないのは愛の範囲

6 0
会社の忘年会などで、主婦は残りものをパックに詰めて持ち帰る人が結構いますよね。

「子供にも食べさせてあげたい」

「旦那のツマミに持ち帰りたい」

自分だけ美味しい思いをするのではなくて、愛のある人は家族のことを考えているものだからです。

これが『家族愛』ですね。

👩‍👩‍👧‍👦♥

進化した世界では、これが普遍的に広がって星丸ごと『大家族』という認識なんです。

たとえば他の星へ星間旅行に行った時に、美味しいものを食べたとします。

母星には存在しない種の野菜とか果物とかね。

「これ美味しい♪ (*´༥`*)ウマウマ みんなにも食べさせてあげたい♪」

または、キレイな花を見つけたとします。

「これキレイ〜 みんなにも見せてあげたいな♪」

「増やして、みんなに配ってあげたいな♪ 🌺🌻🌹」

そう思ったら、コピーして持ち帰るのです。

この小説に以前書いたことがあります。

遺伝子情報、周波数数値、エネルギー体などを丸ごとコピーして持ち帰り、母星で再現するのです。

複製機を使って、いくらでも増やすことが出来るからです。

『コピペ』の3次元版と言えばイメージしやすいかも知れませんね。

テクノロジーとは、こういう事に使うものなんです。

冒頭に書いた主婦と同じで、家族を愛する気持ちがあれば、自然と家族のために使うものだからです。

だから、みんなが豊かで、みんなが幸せに暮らせるのです。

戦争も犯罪も起きようが無いのです。

だから法律も罰則も存在しないのです。

そんなものは要らないからです。

「惑星オフィルは、嘘つきや不正をはたらく人が1人もいないから、警察も、カギも、クサリも、鉄条網も、鉄格子も、壁も何も必要じゃないし、面倒な書類も無い。

ここではみんな愛し合ってるんだ。

みんな兄弟なんだよ」アミ小さな宇宙人






地球人の家族を思う愛は、とても深いです。

特に親が子を思う気持ちは、決して進化した世界の住人にもヒケをとりません。

ただ、違いは『範囲』なんです。

●地球 自分の家族だけ

●高次元 星丸ごと大家族

愛の範囲を広げていくことが進化であり、意識の成長なんです。

全てを丸ごと愛する普遍性(5次元レベル)に達する人が増えれば、地球上の多くの問題は解決するのです。

愛する家族と戦争しないでしょ?

競争しないでしょ?

差別しないでしょ?

イジメしないでしょ?

詐欺しないでしょ?

対価を取らないでしょ?

全ての問題は『○○だけ』という狭さ、つまりエゴから生じるからです。

『家族』と『家族以外』の差が激しすぎるのです。

エネルギーとは、『差』によって生じるのは何度もお伝えした通りです。

その差によって、『問題』という負のエネルギーが生じているだけなんです。

全ては法則通りの結果が起きているだけなのだから。

つまり、狭くて偏った愛が『エゴ』なんです。

だから全ての解決策は『普遍的な愛』なんです。

とても単純な原理なんです。

「差し迫った危機から、君たちを救う唯一の方法は愛の普遍性を理解することだ」アミ小さな宇宙人



地球丸ごと大家族として見れる普遍的な愛のレベルに達する人を増やすことで、地球上の多くの問題は解決するのです。

足りないのは、愛の範囲なのだから。




きれい事だと言う人がいますが、そんな事はありません。

考えてみて下さい。

子孫をどこまでも遡っていけば、みんな同じ始祖に辿り着くのです。

地球人の始祖はアダムとイブですね。

みんな、その始祖から派生した血縁者なのです。

他人なんていないのです。

敵なんていないのです。

全員が親戚なんです。

みんな同じ星に住む家族なんです。

学校でも、テレビでも、宗教でも、スピでも教えないから気付かないだけです。

3S政策に依存して、自分自身で考えないからです。

もう、そんなものは手放しましょう。

新しい世界を創造するために。




まとめると、エゴイストは『自分』と『自分以外』の差が激しすぎるのです。

『家族』と『家族以外』の差が激しすぎるのです。

『人間』と『人間以外』の差が激しすぎるのです。

この『差』が、地球上の諸問題を生み出しているのです。

「偏狭で、好感を覚える人だけを庇い、そして援助し、見知らぬ者には一かけらの哀れみも同情も慈愛も感じない者もいます。

こんなエゴを愛だと思っている人も多いのです」シルバーバーチ



全ては『バランス』なんです。

アンバランスさが、カオスのエネルギーを生み出す原因なんです。

「愛の無いところに、長続きする組織はあり得ない。

自分自身に対する愛は、自分の幸福を探すことに繋がる。

他人に対しての愛は、他人に奉仕すること、他人の幸福のために働くことに繋がる。

この2つは互いにバランスが取れているべきなんだ」アミ小さな宇宙人






20230714033433cb9.png

『自分』『家族』『他人』

この差を埋めるほどに、バランスが良くなり、平和で豊かな世界になっていくのです。

これが本当の意味での『三位一体』なんです。

自分にも、家族にも、他人にも同じだけ大切にする広くて大きな愛が芽生えた時に、バランスよく愛のエネルギーが循環をするのです。

その時、文明自体が『フリーエネルギー装置』と化し、永久機関になるのです。

これが永遠に繁栄する形なんです。

ここに気付いていたのは、私が知る限りアインシュタインだけです。

2023071403220310f.jpg

愛に限界は無いのです。

いくらでも湧き上がってくる無限のエネルギーだからです。

自分や家族しか愛さない人は、自ら限界を作っているだけなんです。

無限を有限にしてしまっているだけなんです。




関連記事
ページトップ