病気になる前の話

4 0
何年か前から、原因不明のセキが続いていました。

(>。<;)~ ゲホッ ゲホッ...

時には長時間せき込むこともあるほどでした。

そして、呼吸をするたびにノドからヒューヒュー、ピーピーと変な音がするようになりました。

更に微熱が常態化してしまい、慢性的な発熱状態…

私の肉体に確実に何かが起きているのは明らかでした。

そして今年の始め頃?だったか、「そろそろ肉体を脱ぐ準備をしておくように」と、高次存在から告げられたのです。

え?! もう死んでいいの?

オレの役目は終わり?

٩(ˊᗜˋ*)وヨッシャー♪

やっと帰れる〜♪

長かった… 

本当に長かった…

まるで… 時が止まったかと感じるほど長い人生だった… クスン💦

生きてる方が苦痛な私には、この高次存在の言葉はまさに天の声だったのです。

だが元の世界に帰る前にやり残しを片付けなければなりません。

私はその日から『任務のやり残し』を終わらせるための人生に切り替えたのです。




具体的に言えば『ゆたかの遺言』というタイトルの記事をコツコツと書いては、下書き保存をしていたのです。

その内容は、『ゆたかしか語る人がいないもの』をまとめた記事です。

だって、他の人が発信してる内容と重複、または類似したものなら、私がいなくなっても関係ないわけです。

それがたとえどんなに大切なメッセージであろうと、誰かが語り続け、それを後世に伝えるはずだからです。

でも、ゆたかしか語らない内容は、ゆたかが死んだら途絶えてしまうのです。

その中には、絶対に途絶えさせてはならない大切な教えがたくさんあるのです。

でも地球の人が分かるようになるまで、まだまだ1000年以上も時間を要するレベルのものも多いのです。

でもすでに分かるレベルに達している人もいるので、その人たちに託すためにその内容をまとめておこうと思ったのです。

そうすれば、その人たちが自主的に語り継いでくれるはずだからです。

だから「自分が知って終わりじゃダメだ! 知ると同時に伝える義務を背負ったのだ!」と、失礼を承知で少々厳しい言い方をさせていただいたのです。

私には、もう時間が無かったからです…

知ったらシェアする → 知ったらシェアする → 知ったらシェアする → 知ったらシェアする

まずは、この習慣を身に付けておくことが先だからです。

もちろん、何でもかんでもシェアする必要はありません。

何をシェアすべきかを判断するのは自分自身だからです。




この『ゆたかの遺言シリーズ』を書き始めたら、次々と出てきて、書けば書くほど逆に終わりが見えなくなっていったのです。

ゆたか「あれも書かなきゃ これも書かなきゃ あれも伝えなきゃ これも伝えなきゃ 💦」

限られた時間内で、やり残し(伝え残し)を全て書きあげようとしたら、次々と湧き上がってきたからです。

ヤバッ… 残りの寿命で間に合うのかなぁ…

そうこうしてる内に、肉体が更に悪化して日常生活さえ困難な状態になっていきました…

病気は待ってくれないからです。

頼む… もう少しもってくれ… オラの体!

202309180218533cf.png




そしてある時、遂に予想だにしていなかった恐ろしい事態が…

なんと! 呼吸機能がイッキに低下を始め、わずか数日後には自力では息を吸うことが全く出来なくなってしまったのです(吐くことは出来る)

ウ… グ… く、苦しい… (゚;ё;゚;`)

な、なんだよ… コレ…

いったい… どうなってやがる…

こんな病気があったのか…

さすがに、これはヤバイ…w

どうしよう… 🤔ウーム…

窒息死する前に考えなければ!!!

シンキングタイムは5分くらい?

いや、そんな事を考えてる場合ではないと、すぐに気付いた…w

気が遠くなる前に思い付いたのは、扇風機で空気を送り込むことくらいでした…

スゥゥウ( っ'О') =͟͟͞͞  (((卍)))←扇風機を最強にセット

おお! 吸える吸える。

いや、吸ってるわけではない。

正確には『入ってくる』が正しい表現だ。

とりあえず、これしかなかったのです。

しかし… これでは扇風機の前から移動出来ません。

トイレ、食事、風呂、洗濯、何も出来ません…

ゆたか、人生初の大ピンチ!

ネットで症状を調べたら、どうやら重度の『肺炎』か『気管支炎』というものらしい。

更に治療方法も調べたところ、2種類の吸引タイプの薬(ステロイド剤と抗生剤)を使用すれば治るらしいと分かりました。

ところが、どちらも市販されてないんです…

毒性が強い薬品なので、市販品に分類するわけにはいかないのでしょうね。

クソ… 

手に入らないのなら、病院に行くしかないじゃないか…

行きたくね〜

入院なんてしたくね〜

でも… 他に手がなかったのです…

そこで仕方なく救急車を呼んだのです…

🚑ピーポー ピーポー

この後の話がコレ↓

白い巨塔の黒い闇 ゆたか入院中の2週間

更にこの後の話がコレ↓

謎は少し解けた ジッちゃんの名にかけて

時系列的には、こういう事なのです。




今になって、フと思うんです…

もしも… 『コロナ死』と診断すれば、国からたくさんの助成金がもらえるとしたら…





あのクソ医師どもは、私を殺していたのではないかと…

いや… 呼吸出来ない人間なんて、直接手を下さなくても、放っておけば勝手に死ぬわけです。

死んだらコロナ死と認定して大儲け… 💴💴💴💴💴

でも実際に一番儲かる方法は、とりあえず形だけ治してゆたかを生かしておいて、生涯薬を売り続けることなのではないかと思うのです…

バカは儲けを基準とした選択しかしないだろうから…

愛でも、善意でも、良心でも、理性でもなく、カネが判断基準だからね。














関連記事
ページトップ