無能医療 結局、何ひとつ治ってなかった…

26 0
私の病名は今だにハッキリ分かってないのですが、呼吸器官の病気なのは間違いありません。

この病気は、何かの菌類が増殖したことで、気管支が炎症を起こし、気道が塞がって呼吸不能となる恐ろしいものです。

不思議なことに入院中は鼻水や鼻くそが、ほとんど出なかったんです。

わずかに出ても透明なんです。

空調機器を稼働させっ放しにしているため、無菌状態に近いようですね。

病院がやったことは、この無菌状態の環境で、体内の菌類を殺す薬の投与を続けていたこと。

当然、菌類は減っていき、やがて症状は無くなります。

これで表面的には回復したように見えるので退院したわけです。

病院側は、こんなものを治療と称しているのです。

でも… 私は思ってたのです。

こんな無菌状態(ニセの清潔さ)の環境にいたら、免疫力が無くなってしまうだろうなと…

退院してからが、大変だろうなと…

病院の外は無菌ではないのだから…

その時、免疫力が落ちた体で菌類は再び増殖をするだろうなと…




予想通り、退院した12日の夕方から38℃越えの熱が続いております。

今日27日で二週間以上もこの状態です。

2023092706023134e.png

そして、それプラス5日くらい前からは、恐れていた呼吸困難も再発してしまいました…

20230927060451704.png

洗濯や布団干しなどの軽作業でさえ、呼吸困難になるほどです…

更に最近、タンの色が真っ白になってしまいました…

これは病状が一番ヒドかった時の色なんです…

自力では吸えなくなり、扇風機で空気を肺に送り込むことしか出来なかったあの最悪の状態の時と同じ…

結局… 何も治っていなかったのです…

治したフリの詐欺医療です…

だから退院後も通院しろと、薬を服用し続けろと言ってたのですね…

全てが計画通りだったのでしょう。

やはり病院に依存したことが間違いですね。

依存は解決策ではないのだから。

今は手探りでいろいろ試しているのですが、緑茶にワサビを溶かして飲むと気道が広がることを発見しました。

これで呼吸がラクになります。

効果も7時間くらい続きます。

呼吸器系の病気で苦しんでいる方は試してみては如何でしょうか。














関連記事
ページトップ