バカには認知力が無い

18 0
偏差値30だった弟のテストは、いつも0〜1桁台の点数でした。

20231012044522185.png

まあ学校の勉強など出来なくても構いませんが、ここまで極端に学力が低い人の場合は『認知力』自体が低いことがとても多いんです。

そのため、勉強以外のことも『分からないことだらけ』『間違いだらけ』『誤解だらけ』『勘違いだらけ』なんです。




実例を挙げてみましょう。

認知力が低い人の前で目をこすると、かなりの確率で泣いてると決め付けます。

ゆたか「( ;つд⊂)ゴシゴシ」

弟「泣いてる〜w」

ゆたか「オイ… 考えてみろよ… 今の話の中に泣く場面なんてあったか?」





バカには『原因と結果の法則』が分からないため、前後の脈絡や因果関係や論理性という概念自体が理解出来ないんです。

なので、知っている『何か』に当てハメることしか出来ないんです。

つまり、ただ連想ゲームをしてるだけ…w

思考もせず、観察も無く、本人に事実確認をすることもせずに、連想した何かに決め付けるだけ。

こういう人は、結構多いです。

バカで不誠実な人は、みんな同じことをするからです。

●目にゴミが入ったのかも知れない

●目が痒いのかも知れない

●目ヤニを取ってるのかも知れない

その他、別の可能性を考える柔軟性が無いんです。

バカの分母は、いつだって1つだからです。

これが決め付ける理由。




認知力の低い人の前で後頭部をかくと、かなりの確率で『照れてる』と決め付けます。

ゆたか「( ・∇・)ポリポリ」

弟「照れてる〜w」

ゆたか「オイ… よく考えてみろ… 今の話の中に照れる場面なんてあったか?」





これも同様に、ただ連想ゲームをしてるだけなんです。

おそらく漫画や何かで見た照れるシーンを連想してるだけだと思います。

現実とフィクションを混同してるのでしょうね。




母(バカ)の前で咳き込むと、笑ってると勘違いされます。

ゆたか「(>。<;)~ ゲホッゲホッ...」

母「面白いべw」





母は自分をひょうきんだと思ってるので、自分の話でウケてると思い込むのです。

咳き込んでるだけなのに…w




⭕目をこする
❌泣いている

⭕頭をかく
❌照れてる

⭕咳き込む
❌笑ってる

📝0点

重度のバカは学校のテストだけでなく、現実の出来事も0点なんです。

こういう人たちのことを『発達障害』だとか『アスペルガー症候群』だとかいうようですが、そんなザツな名称で一括りにするなと、いつも思います。

彼らの多くは病気でも障害でもなく、ただ単に性格や習慣に問題があるだけだからです。

現実にも真実にも興味が無く、知っている何かに結論付けてるだけなんです。

やってる事は、たったコレだけ…

とにかく頭を使わない、真実を究明しない、事実確認をしない。

根が不誠実で怠け者なんでしょうね。




【治療方法】

●結論を急がない(よく考える、よく観察する、本人に事実確認をするのが先)

●想像でモノを言わない(根拠が無いことは迂闊に口にしない)

●想像と真実は何の関係も無いと知っておくこと

この三つだけでも心掛ければ、発達障害からもアスペルガー症候群からも卒業出来ます。

そもそも、そんなものは存在しないのだから…w

精神医学が金儲けのために作り出した『詐病』なのだから。


関連記事
ページトップ